私は、海外の学術誌サイトなどのソースで、皮膚科学の最新知識を得るようにしていますが、化粧品業界がなんとなくスルーしたがってるような気がしている(業界的に気まずい^^;)トピックがありますのでご紹介します。

sunここ数年で、最もホットなトピックが肌の「常在菌」、と先日ご紹介しましたが、「紫外線以外の光線による肌の光老化」についても最近、注目をしています。

お肌が劣化する要因の80%を占めると言われるのが、太陽光線による光老化です。
いままでは、UVがその要因とされてきて、日焼け止めなどにはUVを跳ね返したり吸収したりする成分が使用されています。

ところが、最近、UV以外の太陽光に含まれる光の波長…可視光(ようするに「光」ですね)や近赤外線、ブルーライトなども肌老化に影響を与えているということが分かってきました。しかも、無視できない程の影響力があるようなのです。

★UV以外でも肌ダメージ?!

可視光線や近赤外線などは、紫外線よりも波長が長いために、その威力は弱い(たとえば可視光はUVに比べて単位エネルギー当たり約1/20~1/30の威力)のですが、波長が長い光は、より肌の奥深くにまで入り込んでくるという特徴があります。

この可視光は、太陽光のなかには紫外線よりも10~15倍多く含まれています。

light
ううむ。。。

この肌の奥まで届く可視光線や近紫外線は従来、測定するすべがなかったためか、肌には影響がないとされ、誰も注目していませんでしたが、近年、これらの光線が肌の劣化要因である、ということが近年解明されてきました。
これらの光が与えるダメージは、紫外線が肌に与えるダメージのメカニズムと同じく、活性酸素が発生するというもの。シワ・シミ・たるみ・くすみなどの原因になります。

紫外線以外の光によるダメージは、「日焼け」のようにヒリヒリしたり、肌のトーンが濃くなったりなどの自覚症状がまったくありません。
ダメージを受けたという自覚がないままに、肌老化を引き起こしてしまう危険性があります。

 

★UV以外の光をブロックするには?

結論から言うとなかなかむずかしいです。
最近は、近赤外線、ブルーライトなどを吸収する素材が化粧品原料として出始めています。

フルフリでも採用することをかなり真剣に検討したのですが、製品内の他の成分やお肌を酸化させてしまったりするおそれもあり、実際の効果も懐疑的、という結果が出ました。

ましてや、可視光を防ぐことは、「見かけを良くする」という化粧品の性格上、不可能です(可視光=見える、ということですからね^^)。

ちなみに、メイクをすることで多少可視光のダメージは軽減されています。
例えば、赤いリップを塗ると、(当たり前ですが)唇が赤く見えますね。
赤く見えるということは、赤い可視光を反射してブロックしてくれている、ということです(青や黄色の光線は吸収されてしまっていますが)。

また、豆知識ですが、可視光にニキビの直接的な原因になるアクネ菌の抑制効果があるという研究もありますので、悪いことばかりではないようです。

 

★結論

日焼け止めを使っていても、可視光などは防ぎようがありません。

光老化を防ぐためにいちばんいい方法は、以前からずっとフルフリのブログで言っていることの繰り返しになり、耳にタコかもしれませんが、外出時には帽子や日傘! …これに尽きると思います。

太陽から降り注ぐ、紫外線も可視光もブルーライトも近赤外線も、最も威力のある直射光線は日傘や帽子がほとんどすべて跳ね返してくれます。

というわけで帽子と日傘こそが、最も信頼できる美肌の友です。
日焼け止めを販売しておきながら、帽子屋さんの回し者みたいなことを言っておりますね^^;

じゃあ、日焼け止めで紫外線を防いでも意味がないの?と思われるかもしれませんが、、、
beach紫外線を防ぐことは大いに意味があります。なにせ可視光線の30倍のダメージを与える光線なわけですから!

日焼け止めは、便利なもの。
つばの広い帽子や日傘が使えないときだってありますし、また、公園や海や山など遮る物がない開けた場所では、水面や地面からの反射も多いので帽子をかぶっていても紫外線は完全には防げません。

可視光、近赤外線、ブルーライトは防げなくても、紫外線だけでもある程度防げれば、まあいいんじゃないでしょうか。
で、防げなかった光老化光線は、抗酸化成分をたっぷり含むコスメ成分で、ある程度「なかったことに」しましょう^^

フルフリのおすすめ日焼け止め!  → 海と森で日焼け止め

DSC_1373

 

crm200コスメフルフリのすぎです。
ボディクリーム:ローズを実際にお使いいただいた方の声をいくつか紹介しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★Yさま★
ローズのクリーム。「物凄く良い!」です。
匂いについては若干青く感じましたが、嫌なにおいではなく、こちらも合成香料ではない自然な匂い。
変に鼻につくこともなく、あとを引きませんでした。」

 

店長コメント→ 気に入っていただけたようで嬉しく思います。本物のバラの香りは、明らかに人工のものと違います。バラの香り、と世間の多くの方が思っているものは、実はバラの香りに含まれる多くの香気成分のほーんの一部なんですよねー。若干の青臭さ、もリアルなバラの香りの重要な要素です。
★Yさま(続き)★
成分的に、手や体につけるのがもったいなかったので、顔につけてみました!・・・が、やはり顔には塗りづらかったですね。
塗った直後は白く筋が残っていて、かなりペタペタとハンドプレスしてようやく馴染みました。
以降は、変にベタつくこともなくサラサラしっとり。これは私にとってかなり重要です。」
店長コメント→ 顔には、ちょっとテクスチャがヘビーかもしれませんね。両手にちょっと多めに塗り拡げて、手の保湿をしっかりしてから、手のひらで温められたクリームをお顔につけると、いいですよ。ふんわりと開く香りも素晴らしいです。塗ったあとのサラサラしっとり感は、肌にクリーム成分が上手く馴染んでいる証拠です。この感じが出るのを使用量の目安にするといいかもしれませんね。

 
★Yさま(更に続き)★
「冬季限定だけでなく、通常の販売でもクリームが欲しい。
→ローズの香りはクリスマスだけの特別でかまわないのですが、大人の事情で可能であれば、別の香りで構わないのでクリーム(特にフェイスクリーム)があればいいなと思いました。お好みで、(手のひらで)植物エキスのトッピングが出来るなら尚可。」
店長コメント→ 大人の事情、ですか、、、。 たしかに、贅沢感のある「ローズ」は、クリスマスとかのスペシャルなときにキープしておきたい、という思いはありますね(^^;)。
あと、寒い時期はいいのですが、春夏ですと、ローズの香りが重く感じられることもあります。実際に、美肌オイル:ローズ は今の時期には良くでますが、夏になると選ぶ方が減りますね。クリームを夏の時期にも出すとすると、さわやかな香り、、、ヒノキなどのウッド系や、ネロリやかんきつ系の香り、もしくは、桃やぶどうなどのフルーツ系?無農薬のフルーツ農家の知り合いが多いので、ジュースの絞りかすなどを原料として入手できそうです。 ・・・まあ、無香もいいかもしれませんけどね。 植物エキスのトッピングは、いいアイデア!
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★Iさま★
「肌荒れを起こしやすく、特にこの季節は肌が乾燥して痛いぐらい。そんな時、フルフリさんの冬コフレを使用してみることに。(中略)…肌馴染みも良く、肌がしっとり!季節に応じて量を加減しながら1年を通して使用出来るなぁ!と思いました。何より、香りが素晴らしいです。ローズの香りが好きなので、アレコレ試して来ましたが、こちらのローズはキツくなく、優しい香りで癒されます。
ボディクリーム:ローズはタップリと入っているので、肌馴染みも良く、身体だけではなく、アイクリーム、ハンドクリームやヘアクリームとしても使えますね。私の中では肌荒れを鎮める万能クリームです。
ぜひ、定番化して欲しいと思いました。 」
店長コメント→ 肌への優しさは特にこだわりましたので、かなりの敏感肌さんでも気持ちよくお使いいただけるのではと思います。
みなさんから、定番化してほしいとのお声を多数いただきましたので、クリームは定番商品にしてみようとおもいます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★Tさま★

ボディクリーム:ローズは、柔らかくて伸びがよくて良かったのですが、肌につけて伸ばし始めてすぐの間は、しばらくまだら模様になり 少しだけどなじみにくい気がします。(・・・とは言うものの)、クリームは、定番化 大賛成です。」

 

店長コメント→ クリーム。こってりとした質感のため、最初は少し馴染みにくくて、確かに白っぽさが目立ちますよねー。温めるようにして塗り拡げるといいと思います。
一番いいのがお風呂上がりの直後。肌にしっとり感が残っていて、しかも体温ポカポカのときが一番塗りひろげやすいですし、お肌にチャージされた水分もキープしやすいですよ。お風呂上がりにおすすめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、2018冬のコフレボディクリーム:ローズをお試しいただいた3人の方のご意見を紹介しましたが、他にもたくさんの方からご感想や素敵なアイデアをいただきました。
crm200皆さんのご意見ご感想をもとに、クリームは、やっぱりチューブのほうが使いやすいかな?香りはどうしよう?テクスチャはどうしよう?などあれこれ思案中です。
他の商品に関しても、使ってみた感想、改善のアイデア、使い方のアイデアなどをお知らせください。
フルフリはいつもこんな感じで、お客様とのメールのやり取りの中で商品が生まれていきます。
このプロセスがフルフリぽくて好きで、楽しんでいます。
ボディクリーム:ローズをよろしくおねがいします。

フルフリのすぎです。

現在、お店のリニューアル計画が進行中です。

ピンクターコイズが基調の今のデザインは、ちょっとpopすぎ、かわいすぎかな?という気がしてきましたので、もうちょっと、オーガニックコスメ店らしく、シックで大人な感じ…にしようかなーと思っています。

(わたし自身、14年前、起業した頃から比べて、だいぶオトナ度がアップしてきましたし^^; )

新しいロゴデザインを、いくつか考えています。 ・・・皆さんのご意見も参考にしたいので、どれがいいか、ご意見いただければうれしいです。

49778161_2290660804300034_1591746576756244480_n拡大します。

★ リニューアルについて ★

デザインもそうですが、今のフルフリのサイトの構造も、フルフリの進化、時代の進化に遅れをとりつつあると感じています。

今回のリニューアルでは、最新のスマホやタブレットでも、より楽しく便利に使えるサイトを目指しています♪
おたのしみに!

ただし、フルフリのお客様は、モノを大事に使う方が多いので、旧式のスマホやPCでも使いづらくならないようにしたいと思います^^

店長すぎです。

冬季限定の美容液:ローズ。毎年、たいへん好評なので、今シーズンの「冬コフレ」で採用した後、一般のお客様にも販売しています。

pichon実際に使ってみた感想をお客様にうかがってみました。
頂いたお声をいくつか紹介しますね。

★Tさま★
「今回と前年の美容液では、香りが若干違っていたような感じでしたが、どちらもとても好きです。
テクスチャーには差が感じられず、重いかもしれないと心配していましたが 大丈夫でした。
ただ、私はローズの香りが大好きで 通年美容液として使いたいので、去年のバージョンも 出来れば定番化して欲しいです!  」

店長コメント→ 天然の香りは、なかなか同じものを再現するのは難しいので大手では扱いたがらないですが、こういうものはむしろ毎年違うのが魅力と思いますよ。天然ワインみたいなものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★Yさま★
「 ローズの美容液:一言で言うと「物凄く良い!」です。匂いも、合成香料ではなく本当に自然な生花の香りでした。3つベリーの美容液も使用したことがあったので、テクスチャーなどは知っていたのですが、こちらもさっぱりしていますね。使用してみて一週間経っていないので、効果のほどはわかりませんが、これからもヒメフウロエキスと一緒に継続します!
私は本当に面倒くさがりで、化粧水やら美容液やら乳液やらクリームやら・・・あれこれたくさんつける事に対しても疑問をもっています。

フルフリさんの商品は、それだけで完結出来てしまうところが大好きです。
(それでも足りないときは、手持ちのホホバオイルをちょこっとつけています)」
店長コメント→ 気に入っていただけたようで嬉しく思います。本物のバラの香りは、明らかに人工のものと違います。バラの香り、と世間の多くの方が思っているものは、実はバラの香りに含まれる多くの香気成分のほーんの一部なんですよねー。若干の青臭さ、もリアルなバラの香りの重要な要素です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★Iさま★
「肌荒れを起こしやすく、特にこの季節は肌が乾燥して痛いぐらい。そんな時、フルフリさんの冬コフレに入っいた美容液を使用してみることに。
本当、ビックリしてしまうぐらい香りが良い。始めは美容液でスキンケアを終わりにする事が不安でボディクリームも使用していましたが、成分があまり変わらないので美容液で終了。肌馴染みも良く、肌がしっとり!季節に応じて量を加減しながら1年を通して使用出来るなぁ!と思いました。何より、香りが素晴らしいです。ローズの香りが好きなので、アレコレ試して来ましたが、こちらのローズはキツくなく、優しい香りで癒されます。 」
店長コメント→ 気に入っていただけたようで何よりです^^
そうなんです。美容液だけで終わらせてしまっても大丈夫! 美容液を濃くしたのがクリームですから。
例えて言うと、温かいお蕎麦のそば汁と、ざる蕎麦の濃いめのつゆの関係とおんなじなんです。
用途(食べ方もしくは付け方)が違うので濃度が違うだけなんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上、美容液:ローズ(冬限定)をお試しいただいた方の代表的なご意見を紹介しました。

フルフリはいつもこんな感じで、お客様とのメールのやり取りの中で商品が生まれていきます。
このプロセスがフルフリぽくて好きで、楽しんでいます ^ ^

私は以前から、海外の学術誌や化粧品業界誌で、皮膚科学の最新知識を得るようにしていますが、ここ2年ぐらい、最も熱いトピックが肌の「常在菌」に関するもの。一つとっても面白い発表を見つけたので紹介しますね。海外からの情報で逆に知ったのですが、日本のPOLAがとても興味深い研究をしています。

IMG_3881(Edited)田舎の生活、緑のある生活が、美肌につながるんだそうです。

腸の中にはビフィズス菌などたくさんの善玉菌達が住んでいる、そしてそれが健康の鍵を握っている、と言う事は皆さんご存じですよね。
実は皮膚にも何億もの菌たちが住んでいてそれらの何億もの常在菌を健康に保つようにすることが、健康的な美肌への最短距離ということがわかってきました(健康な皮脂膜内では1平方cmあたり20万個ほど生息しています)。


***

私の翻訳なので、ちょっと読みにくいかもしれませんが、簡単にまとめてみました。

国際化粧品技術者会連盟ミュンヘン大会でのPolaの研究者の発表です。

・女性の肌に住んでいる菌を分析し、状態の良い肌には農場や植物に生息する菌が多くいることを発見した。

・肌の調子が良い女性は、田舎の環境や日常的に植物がある環境にいる方が多く、植物または農場に由来する皮膚に有益なバクテリアを肌に多く持っている。

・それらは、皮膚バリア機能、皮膚の明るさ、皮膚の弾力性に関連しています。

・293人の女性の肌を調べて、肌の状態によりグループわけした結果、植物が多い生活圏に存在する菌類が肌に良い影響を与えている、との結論がでた。

・(農家や田舎に住んでいない女性でも)自宅や職場に植物を置いていたり、花屋を訪れる習慣があったりと、植物が近くにある環境が有益であることもわかった。

「…私たちは人々に植物を彼らの生活に取り入れることを奨励します、そしてこれは健康な肌への新しいアプローチであるかもしれません。」と発表は結ばれていました。

農家のおばあちゃんの肌が綺麗なのは、こういうことなのかもしれません。
都会の方は、とりあえず園芸店にいってみたり、木が多い公園や神社などを散歩してみたりするといいかもしれませんね!

(出典: IFSCC Congress 2018 in Munich, Kaoru Kasahara, POLA)

お支払方法詳細はこちら
  • クレジットカード
  • コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料詳細はこちら

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
クロネコヤマトのメール便
全国一律:160
厚さが20mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なメール便(送料160円)料金が自動適用になります。
  • 代金引換や日時指定はご利用になれません。
  • 配達事故(たまにあります!)の場合、当店では補償しかねます。あえてメール便を使いたくないお客様は事前にご連絡ください。