敏感肌連載。
今回は「敏感肌の3つの治し方」の2つ目、についてです。

初めて読まれる方はまずはこちらから。
敏感肌~ 2つのタイプと3つの治し方: 連載その1

↓ ↓ ↓ ↓


★ 敏感肌の2つ目の治し方★

敏感肌には、3つの治し方があります。
その1)よりやさしいスキンケアに変える ←前回
 その2)抗炎症成分を使用する  ←今日はこれ!
 その3)バリア修復成分を使用する


今日は2つ目、「抗炎症成分を使用する」についてです。


生活ストレスやスキンケアの失敗で一時的に肌バリアが弱っている場合や、
花粉症の方などで、一時的に肌細胞が過剰反応しやすくなってる場合に有効なのは、グリチルリチン酸(甘草エキスなどに含有)など抗炎症作用がある成分です。

医薬品ですが、ステロイドなども肌のかゆみを抑えます。
抗炎症成分は、肌に炎症が起きてかゆみや痛みなどがある症状を抑えてくれます。

化粧品に対して過剰反応し、アラームを発し続ける皮膚細胞に対して、
「心配しないでも大丈夫だよ!」
となだめてくれる成分が、抗炎症成分。

かゆみがあると、ついつい無意識に爪で掻いてしまったり、気になって触ってしまったりします。
この引っかく行為が肌に、非常に大きなダメージを与えてしまいます。
また、かゆみや痛みがあると心が休まらなくストレスがたまり、ひどい場合は、かゆみで熟睡できなく睡眠不足になりがちです。

肌バリアが悪化→ 肌がかゆい→ 爪でかく・ストレスがたまる → さらに肌バリアが悪化

悪循環ですね!!


この悪循環を断ち切るため、アラームをいったん停めて肌を休ませる。
これが、抗炎症成分の正しい使い方だとおもいます。

ただ、、、こういった成分を使用する際にはひとつ注意が必要です。


抗炎症成分を使うということは、乱暴に言うと、
 本当は肌に問題があるのに、問題がなかったことにする、ということ。

たとえてみると、火災が起きて火災報知機が鳴っている時に、電源を切って、アラームが鳴らない様にするということです。
ちょっと、危険な感じがしますよね??

引き続き、火事のたとえで言うと、
消火活動をするときに、アラームが鳴り続けてうるさくてやってられない場合に、いったんアラームを切るのはいいですね。
でも、アラームが鳴らなくなったからといって、消防隊が引き上げちゃいけません(笑)。

肌のアラーム(かゆみ)がなくなったからといって、肌バリア悪化させた原因がなくなったわけじゃありません。

すぐに治るはずの敏感肌が長期化して治らない方のなかには、こんな感じで抗炎症成分を誤った認識でずるずると使用しつづけている方が、ちらほら見受けられます。

たとえば、乱れた生活習慣や食生活、前回の連載その3で説明した、【つけない】【洗わない】を実行せずに、漫然と抗炎症成分を使い続けると、
いつまでたってもお肌は健康になっていきませんし、肌細胞の方にも「慣れ」がでてきて、最初は効いていた抗炎症成分が効かなくなってくることもあります。

本来、敏感肌はクスリや化粧品で治すのではなく、
過剰なスキンケアを控える、日常生活を改善する、
などの正攻法で改善すべきだと思うのです。

そういったことはせず、有効成分だけに頼るのは解決にはなりません。

抗炎症作用のある薬品や化粧品を使用すれば、その場限りでは解決しますが、それではその成分に依存してしまうことになりかねません。

お肌に極力刺激を与えないこと、生活習慣の改善に徹するより他ありません。

敏感肌体質の方は、化粧品に美白やシワを取るなどの効果・効能は求めないで、肌を保湿する、保護するなどのシンプルな目的でご利用ください。
そのほうが結果的に、しみやしわをできにくくします。

抗炎症成分で炎症を抑えながら、肌に刺激のある美白成分などを使うのは本末転倒です。

これは敏感肌以外の方でもそうですが、日常的な肌管理、体調管理に勝る化粧品はありません!

話は飛びますが、以前、居酒屋にいた酔っ払いおじさんが、こんなことを言ってました。

「ちゃんと高血圧の薬を飲んでるから、酒呑んでもいいんだ!」

・・・いいわけありませんよね!?

抗炎症成分入りの化粧品で刺激を抑えてれば、肌に何をしてもいいか、というとそうではないですよね。

<抗炎症成分の正しい使い方>

抗炎症成分は、かゆみを沈めてその間に肌を修復させるための時間稼ぎの手段。
かゆみが収まっている間に、ゆっくりと時間をかけてお肌を修復させることが大事です。

ただ、花粉症の期間など、季節の変わり目に、環境的な要因で肌が敏感に傾きがちという方などは、積極的に抗炎症成分を利用してもいいと思いますよ。
また、一時的な職場や生活のストレス、もしくは肌に合わない化粧品を使ってしまって一時的に肌バリアが弱っている場合もいいですね。

また、生まれもっての体質で、どうしても抗炎症成分に頼らざるを得ない人もいます。そういった方もスキンケアの一環としてこういった有効成分を日常に取り入れられるといいと思いますよ。


<良くある質問>


*肌断食(化粧品を一切やめる)ってどう?*

「肌断食」などと言って、敏感肌の方が化粧品を絶つ事をやられる方がいらっしゃいますが、これは体力が落ちている病人が断食をするのと同じ事。

同時に、生活習慣を180度変えて体質改善をして、うまく自然治癒力が引き出されればいいのですが、単に保湿をやめるだけでは場合によってはかえって、肌の状態を悪化させてしまう事もあります。

ストレスを軽減し、適切な食事管理や運動等を取り入れることで、確かに自然治癒力が引き出されますが、すぐに効果が出るかどうかは人に寄りけり。

そんなリスクをとらなくても、肌が元気を取り戻して、独りで潤いを保てるようになったら、徐々に保湿成分や有効成分を減らしていけばよいと思いますよ。

次回は、最終回。
治し方その3の「保湿」について。




☆なぜこれらの商品をオススメするのか、詳細な理由は連載で解説中です(店長)




敏感肌の方にオススメの商品たち




☆なぜこれらの商品をオススメするのか、きちんと説明すると非常に長文になりますので、詳細な理由は、これから「お手紙ブログ」への連載で解説していきますね(店長)


★やさしい洗顔に:


敏感肌ケアの第一歩は、やさしい洗顔から!
(注:症状によっては石鹸も使わないことをお勧めします。心配な方はご相談ください。)


ピュアポタッシュ スキンケアソープ 肌の善玉菌たちにも優しい石鹸。肌質にあわせて3種類。

ガスール(固形/粉末) 天然泥パックでやさしい洗顔。週に1,2回が目安です。

天然海綿スポンジ 敏感肌の方特有の細かい皮むけを、優しくきれいにとってくれます。

ミネラルファンデーション MMU PROJ. 石鹸洗顔のみの肌に優しいシンプルケアを実現します。

★抗炎症成分で保湿ケア:

肌細胞が過剰反応しやすくなってる場合に有効。おすすめはカモミール・甘草など抗炎症成分をたっぷり含有した植物成分です。

【華密恋】薬用入浴剤 医薬部外品成分でもあるカモミールエキス100%の入浴剤。皮膚の痒みだけではなく、青リンゴに似たカモミールのやさしい香りが、心も静めてくれます。

お試し☆ わのか 敏感肌化粧水キット
敏感肌用成分が結集した調合です。
2週間分のお試しキットでいろいろついててかなりお得なので、初めての方はこちらをどうぞ!

手作り化粧水・上級者さんには

/ハーブウォーター
ジャーマンカモミール水

わのか

/和漢植物エキス
植物エキスE:甘草芍薬エキス
植物エキスF:韓流7種エキス

★バリア修復成分の使用:

お肌の表面で薄い保湿膜を張ってくれたり、角質層の奥に浸透して、肌細胞が肌バリアを修復するのをサポートしてくれます。

フルフリペアゆず

バリアに穴が開いたところを探し出して補修し、補強してくれる接着剤の様な役目を果たします。

/保湿成分

『さっぱり~超しっとりヒアルロン』

お肌に足りない保湿成分を補ってくれるのが、これらの保湿液たちです。

『美肌オイル』

皮脂の分泌が少ない方には必須。お肌に足りない皮脂成分を補ってくれるオイル。

以上が、敏感肌さんにお勧めのお買い物リストです。ご参考までにどうぞ。

trackback http://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=3985

トラックバック

  1. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 敏感肌~ 2つのタイプと3つの治し方: 連載その5

コメントをどうぞ

お支払方法詳細はこちら
  • クレジットカード
  • コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料詳細はこちら

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
クロネコヤマトのメール便
全国一律:160
厚さが20mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なメール便(送料160円)料金が自動適用になります。
  • 代金引換や日時指定はご利用になれません。
  • 配達事故(たまにあります!)の場合、当店では補償しかねます。あえてメール便を使いたくないお客様は事前にご連絡ください。