‘セミナー’

2009年1月に開催した「食べられるパフュームワークショップ」を行った際にとても大好評でした、オランダ在住の香りのアーティスト上田麻希さんによるイベント第二段です。

「江戸遊女の匂い」 へのいざない

オランダ在住のアーティスト、上田麻希さんが同国のライデン美術館のイベント「HOLLAND MANIA展」で発表した「江戸遊女の匂い」を日本でも体験することができるという貴重なイベントです。

このイベントは、フルフリの香り担当、山口さんが、フランス出張の帰りに立ち寄ったオランダのライデン美術館で実際に体験して、上田さんの一時帰国にあわせて、日本でも開催してもらうことになりました。

オランダという場所で、日本についてここまで調べつくし、材料を入手し、実際に再現するのは、本当に大変な作業だったと思います。

ワークショップ流れ
1) 展覧会の説明、makiさんが再現した遊女の化粧品を試してみる(約1時間半)
再現された江戸時代の化粧品: 伽羅の油(鬢付け油)・花の露(化粧水)・美人香(美白化粧品)・お歯黒・白粉

2) 「伽羅の油」「丁字油(媚薬香水)」の制作デモンストレーション(約1時間半)
制作した「伽羅の油」と「媚薬香水 丁字油」のミニ・バージョンをお持ち帰りいただけます。

日時 2009年8月2日 (日) 13時 ~ 16時
場所 多摩市関戸公民館 ワークショップルーム(京王聖蹟桜ヶ丘駅前 OPA7階)
主催 香りある生活プロジェクト 参加費用(材料費含む)4000円 定員20名
申し込み お名前、ご住所、連絡先電話番号、emailアドレスを明記の上 info@aof-aroma.com まで






maki ueda さん プロフィール


上田麻希(アーティスト/パフューマー)

幼少の頃にポプリの調合を趣味とした。1997 年 慶応義塾大学環境情報学部卒業、1999年同大学院修士課程政策メディア研究科修了。藤幡正樹教授のもとでメディア・アートを学び、卒業後はアーティスト として数々のメディア・アート作品を発表。 2005年頃から本格的に匂いを用いた作品制作に取り組み始める。2000年文化庁在外研修員(オランダ)。2007年ポーラ美術振興財団在外研修員(オ ランダ・ベルギー)。2007年グラース・インスティテュート・オブ・パフューマリーにてパフューマリー基礎コース修了(フランス)。2007年より、アート&サイエンスの実験的研究所 FoAMにてアーティスト・イン・レジデンス(ベルギー)。現在は、オランダを拠点に、ヨーロッパ各地で展示したりワークショップを開催したりと活躍中。

http://www.ueda.nl (ポートフォリオ)

http://witch-lab.blogspot.com/ (アーティスト・ブログ ”魔女の実験室”)

今回は、“WonderArtProduction”高橋さまのご協力のもと、このイベントが実現しました。thank you so much!!!!

3月14日(土)にフルフリの事務所があるビルの5階にて、石けん作りワークショップを行います。
当ビルの屋上農園に店長杉がまいた、レモンバームを収穫して石鹸に混ぜ込みます。

オフィスの上の屋上農園

オフィスの上の屋上農園


メインの講師は当店で販売している手作りリップクリームキットを作ってくれてるアンデリーズの須長さん。
私は5分くらい、ハーブについて説明するほかは雑用に徹します。

この投稿の続きを読む »

お支払方法詳細はこちら
  • クレジットカード
  • コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料詳細はこちら

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
クロネコヤマトのメール便
全国一律:160
厚さが20mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なメール便(送料160円)料金が自動適用になります。
  • 代金引換や日時指定はご利用になれません。
  • 配達事故(たまにあります!)の場合、当店では補償しかねます。あえてメール便を使いたくないお客様は事前にご連絡ください。