‘化粧品業界ウラ話’

私は、海外の学術誌サイトなどのソースで、皮膚科学の最新知識を得るようにしていますが、化粧品業界がなんとなくスルーしたがってるような気がしている(業界的に気まずい^^;)トピックがありますのでご紹介します。

sunここ数年で、最もホットなトピックが肌の「常在菌」、と先日ご紹介しましたが、「紫外線以外の光線による肌の光老化」についても最近、注目をしています。

お肌が劣化する要因の80%を占めると言われるのが、太陽光線による光老化です。
いままでは、UVがその要因とされてきて、日焼け止めなどにはUVを跳ね返したり吸収したりする成分が使用されています。

ところが、最近、UV以外の太陽光に含まれる光の波長…可視光(ようするに「光」ですね)や近赤外線、ブルーライトなども肌老化に影響を与えているということが分かってきました。しかも、無視できない程の影響力があるようなのです。

★UV以外でも肌ダメージ?!

可視光線や近赤外線などは、紫外線よりも波長が長いために、その威力は弱い(たとえば可視光はUVに比べて単位エネルギー当たり約1/20~1/30の威力)のですが、波長が長い光は、より肌の奥深くにまで入り込んでくるという特徴があります。

この可視光は、太陽光のなかには紫外線よりも10~15倍多く含まれています。

light
ううむ。。。

この肌の奥まで届く可視光線や近紫外線は従来、測定するすべがなかったためか、肌には影響がないとされ、誰も注目していませんでしたが、近年、これらの光線が肌の劣化要因である、ということが近年解明されてきました。
これらの光が与えるダメージは、紫外線が肌に与えるダメージのメカニズムと同じく、活性酸素が発生するというもの。シワ・シミ・たるみ・くすみなどの原因になります。

紫外線以外の光によるダメージは、「日焼け」のようにヒリヒリしたり、肌のトーンが濃くなったりなどの自覚症状がまったくありません。
ダメージを受けたという自覚がないままに、肌老化を引き起こしてしまう危険性があります。

 

★UV以外の光をブロックするには?

結論から言うとなかなかむずかしいです。
最近は、近赤外線、ブルーライトなどを吸収する素材が化粧品原料として出始めています。

フルフリでも採用することをかなり真剣に検討したのですが、製品内の他の成分やお肌を酸化させてしまったりするおそれもあり、実際の効果も懐疑的、という結果が出ました。

ましてや、可視光を防ぐことは、「見かけを良くする」という化粧品の性格上、不可能です(可視光=見える、ということですからね^^)。

ちなみに、メイクをすることで多少可視光のダメージは軽減されています。
例えば、赤いリップを塗ると、(当たり前ですが)唇が赤く見えますね。
赤く見えるということは、赤い可視光を反射してブロックしてくれている、ということです(青や黄色の光線は吸収されてしまっていますが)。

また、豆知識ですが、可視光にニキビの直接的な原因になるアクネ菌の抑制効果があるという研究もありますので、悪いことばかりではないようです。

 

★結論

日焼け止めを使っていても、可視光などは防ぎようがありません。

光老化を防ぐためにいちばんいい方法は、以前からずっとフルフリのブログで言っていることの繰り返しになり、耳にタコかもしれませんが、外出時には帽子や日傘! …これに尽きると思います。

太陽から降り注ぐ、紫外線も可視光もブルーライトも近赤外線も、最も威力のある直射光線は日傘や帽子がほとんどすべて跳ね返してくれます。

というわけで帽子と日傘こそが、最も信頼できる美肌の友です。
日焼け止めを販売しておきながら、帽子屋さんの回し者みたいなことを言っておりますね^^;

じゃあ、日焼け止めで紫外線を防いでも意味がないの?と思われるかもしれませんが、、、
beach紫外線を防ぐことは大いに意味があります。なにせ可視光線の30倍のダメージを与える光線なわけですから!

日焼け止めは、便利なもの。
つばの広い帽子や日傘が使えないときだってありますし、また、公園や海や山など遮る物がない開けた場所では、水面や地面からの反射も多いので帽子をかぶっていても紫外線は完全には防げません。

可視光、近赤外線、ブルーライトは防げなくても、紫外線だけでもある程度防げれば、まあいいんじゃないでしょうか。
で、防げなかった光老化光線は、抗酸化成分をたっぷり含むコスメ成分で、ある程度「なかったことに」しましょう^^

フルフリのおすすめ日焼け止め!  → 海と森で日焼け止め

DSC_1373

 

フルフリで販売しているブラシは米ノースカロライナ州に住んでいる定年退職後の夫婦が開発したものです。
何かのきっかけで、「そういえば、お二人はなぜブラシを売る仕事をしているのですか?」と聞いてみたら、こんな面白いエピソードを教えてくれました。

今から10年位前のこと。

ある日、奥さんが使っている毛先がチクチクする粗悪なファンデブラシを見て、旦那さんが、「俺がもっといいものを作ってやるよ」と言ったのがこのブラシのはじまり。

実は、この旦那さんは、世界的に有名な大手繊維メーカーD社の研究所を定年まで勤め上げたベテラン技術者。ブラシに適したタクロン繊維は彼の得意分野だったのです。

当時は、高級メイクブラシの毛は獣毛が主流で、ナイロンブラシは粗悪品のイメージがありました。旦那さんは柔らかいタクロン繊維の毛先を丸くする技術を応用することで、獣毛よりもお肌にやさしいブラシの開発に成功しました。

奥さんは、お肌に優しいこのブラシができて大喜び。
「退職してヒマそうにしている彼にピッタリの仕事ができた!」と奥さんも看護師の仕事を退職し、だんなさんと一緒にこのブラシの技術を活かして起業することに。
現役時代のつてを頼って、夫妻の開発したこのブラシを製造してくれる工場もすぐに見つかりました。

旦那さんは結婚以来、初めて妻に仕事のことでほめられたそうです。
「あなたの仕事が初めて世の中のために役立ったわね!」と。
(それまでは彼の仕事に全く興味がなかったそうです ^^; )

ただ、最初は非常に苦労したそうです。
今や、タクロン製のブラシはメイクブラシとして広く浸透していますが、
当時は、「ナイロンで顔を触るなんてとんでもない」「動物の毛でないと肌が荒れるのでは」などと、ずいぶん批判を受けたそうです。
使ってみたらわかるから、と実際に使ってもらって理解を広げていったそうです。

みなさんも、是非試してみてくださいね。
まるでベルベットのような肌触りで、これがブラシ?と驚かれると思います。

カブキブラシ
フラットトップブラシ
ベビーカブキブラシ
コンシーラーブラシ

※ 海外製のため日本の感覚からすると雑な仕上がりに見える場合があります。金属部品に細かい傷がみられたり、接着剤がはみ出ていたりなど。ブラシの性能には問題ありませんが、あらかじめご了承下さい。

※ ブラシの洗い方について、だんなさんに教えてもらいました。

詳しくは→ ミネラルファンデブラシの洗いかた

毛穴気になりませんか?

やっぱり、気になりますよね!


実は、最近になって、毛穴の広がりが気になる人が急増したそうなのです。
昔の女性は、今の人ほど毛穴で悩んだりしていなかったようです。


なぜでしょう?

  ↓  ↓  ↓  ↓

この投稿の続きを読む »

フルフリで販売している、3つの洗顔フォーム「スキンケアソープ」やシャンプーの「EXV椿」の主原料、「カリ石鹸」を開発したアセント社の松本さんのおはなし。

某大手製薬会社の研究員だった社長の松本憲親さんが、35年前ひどい手荒れになやむ奥さんのために開発したのが、「カリ石けん」(カリウム石けん、略してカリ石けん)です。

この投稿の続きを読む »

今日は、気になるUV効果について。
ファンデーションに日焼け止め効果があると嬉しいですよね~!

どうせ毎日塗るものなら、UV効果も欲しいものですよね。


みなさんから寄せられたアンケートでも
「日焼け止めの効果のあるMMUを作って下さい!」
という声が多かったです。

日焼け止め効果があるのを売りにしているミネラルファンデや、パウダーファンデーションも結構売られていますよね。


しかし!


ミネラルファンデに限らずパウダーファンデーション一般には
日焼け止め効果は残念ながらあまり期待出来ないようです。


残念。。。

この投稿の続きを読む »

お支払方法詳細はこちら
  • クレジットカード
  • コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料詳細はこちら

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
クロネコヤマトのメール便
全国一律:160
厚さが20mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なメール便(送料160円)料金が自動適用になります。
  • 代金引換や日時指定はご利用になれません。
  • 配達事故(たまにあります!)の場合、当店では補償しかねます。あえてメール便を使いたくないお客様は事前にご連絡ください。