こんにちは!

店長・杉の相棒、あおやまです。

インベーダーゲーム、初代ファミコン世代のあおやまですが、

これまで、ゲームとは無縁の生活を送ってきました。

小学生のごろに1回やってみたのですが、あまりにも操作が下手くそで楽しさゼロ。

それ以来テレビゲームの類には近づきもせず、早20有余年が過ぎました。

そんなワタクシでしたが、恥ずかしながら、今年、ついにゲーム機デビュー!

お正月休みに、お年玉を握り締めておもちゃを買いに行く小学生よろしくお店に行き、

任天堂のDS lite というのを買いました!


とはいえ、相変わらずゲームとは無縁の日々。

うちのDS lite は、もっぱら家計簿付けと読書に活躍中で、

目下のところに一番人気は、なぜか「DS文学全集」の『次郎物語』です。

さて、



今回のテーマは、ずばり「花粉症」。

かゆみ目や鼻水、頭重感などの不快な症状に加え、

鼻のかみすぎでお肌が荒れたりと美容面でもつらいのが花粉症。

美肌道場としても無視できない、重大問題です。

環境省の発表によると、

東海から関東、東北地方では、花粉飛散量は昨年の1.5~3倍!

店長・杉も、なんとなく肩身の狭い季節の始まりです(「杉」花粉・・・)。

花粉症の不快な症状を少しでも解消するために、

また、花粉症にならないために、

東洋医学の知恵を紐解いてみようというわけです。

***


花粉症は、「季節性アレルギー」の一つ。

1年の特定の時期にだけ出現する、

空気中に含まれる物質(=花粉)にさらされて起こるアレルギーです。

アレルギー反応は「免疫」の働きが過剰に現れたもの。

「免疫」は、わたしたちのからだに備わった自己防衛機構で、

からだの中に入ってきた異物を攻撃して排除する働きを持っています。

花粉アレルギーは、

免疫システムが花粉を排除すべき悪玉異物として認識し攻撃を始めてしまった状態、

というわけです。

現代医学での花粉症治療の二本柱は、

鼻水やかゆみ目などの対症療法と、

アレルゲンである花粉をなるべくからだの中に入れないようにする、

ストレスをためないようにする、

睡眠不足、飲酒、喫煙に気をつけるようにという生活指導。

(免疫の過剰反応を抑えるための「減感作療法」もありますが、それほど一般的ではないようです)。

とはいえ、アレルギー反応を引き起こす花粉を完全にシャットアウトすることは不可能。

そんなこともあって、「花粉症は完治が難しい病気」ということになっているんですね~。

さて、われらが美肌道場のよりどころである東洋医学ではどうか?

東洋医学における花粉症の治療法は? と聞かれたら、

答えは「ひとりひとりの状態によって違う」です。

それは、同じ花粉症の症状が出ていても、そこに至った経緯は人によって異なるから。

人に歴史ありで、花粉症の症状が出ていてかつストレスがたまりにたまっている人、

冷えに冷えている人、体内に熱がこもりにこもっている人など、

からだの状態は人それぞれ。

こうした十人十色のさまざまなかたよりを修正し、

東洋医学が理想とする「気」「血」「水」のバランスのとれた状態にする、

そうすれば結果として花粉症の症状も解消される、

と考えるのが東洋医学の花粉症治療なのです。

具体的にはどんな治療をするかというと、

針やお灸、漢方薬を使って、

「不足を補う」「滞りをめぐらせる」「余分なものを捨てる」

という操作をします。

たとえば、

からだの中に余分なものがたまると、さまざまな不快な症状が現れます。

余分な「血」がたまれば、

・青あざができやすい

・クマがあできやすい

などの症状となり、

余分な「水」がたまれば、

・むくみ

・だるい

・手足が重い

・下痢しやすい

・関節が痛む

・痰が多い

・鼻水が多い

などの症状となって現れます。

(余分な「気」がたまることはあまりありません。「気」のトラブルは、不足と流れの滞りが大半です。)

ここで「ムムっ!」と思われた方はいませんか?

そうです、余分な「水」がたまって起こる症状の、「鼻水が多い」「だるい」というところ。

これってまさに花粉症の症状!

実際に花粉症の症状が出ている方を診察すると、「水」の停滞がある方が多いのです。

花粉症でお悩みの方、あらためて、こんな症状に覚えはありませんか?

・手足が重い、だるい

・からだがだるい

・痰が多い

・お腹がぽちゃぽちゃという

・汗が多い

・鼻水が多い

・関節痛がある

これらの症状は、すべて余分な「水」が停滞しているサイン。

花粉症の症状には、「水」の停滞が関与していると言えそうです。

***

東洋医学的な、「花粉症」のお話前編、いかがでしたか?

次回は、「水」の停滞が起こる原因と、対処法についてお話します。

お楽しみに!

<追伸>

記事に対する感想や、要望、質問などありましたら、

コメント欄にコメントをお願いします!

◆◇◆

青山 麻美

国際中医薬膳師、薬膳ライター

コスメ調合室 フルフリフリフラの店長・杉の相棒。

治療&養生アドバイスのトータルケアを提供する

「パーソナル養生トレーナー」を目指し、

現在は鍼灸学校で勉強中!

ホームページ:ぶんちく堂 青山麻美のホームページ

ブログ: 薬膳ライター 青山麻美のブログ

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=1801
  1. 大根花子

    いままで花粉症の母を笑っていたら、なんか調子悪いと思ったら、去年の春から今度は自分が急に花粉症になってしまいました!
    今年は去年よりもいっぱい飛ぶらしいので、恐れています。
    どうやったら改善できるのか?
    興味しんしんです。。。

    2008 年 2 月 7 日 6:18 PM
  2. aoyama

    大根花子さま

    こんばんは!書き込みをいただき、ありがとうございます。

    「去年まで大丈夫だったのに今年から急に…」ということがあるのが、花粉症のあなどれないところですよね。花子さんの場合は、今回挙げたような「水」の停滞を示すような症状はありますか?

    次回は、花粉症と関連が深い「水」の停滞が起こる理由や改善のポイントなどを書きたいと思っています。どうぞお楽しみに!

    2008 年 2 月 9 日 8:43 PM

トラックバック

  1. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 東洋医学で花粉症を斬る! その2

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。