こんにちは!

店長・杉の相棒、あおやまです。

立冬もすぎて暦の上では冬になり、
実感としても冬になりつつある今日このごろ。

でも、チクワ君は本棚の中、
まだ「読書の秋」の最中です♪

ちくわ 前回の美肌道場は、秋の養生法についてお話ししましたが、
今回は、もうちょっと細かいお話。

秋に不調になりやすいからだの働きはな~んだ?
調子よくすごす秘訣はな~んだ?
というお話です。

***



前回、東洋医学的にみた秋の特徴、からだへの影響と養生法について
お話しましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?

そのときにお話したのは、

・秋は陰と陽の入れ替わる、変化の大きい季節である

・秋は体調、お肌の調子が崩れやすい時期である


ということ。

そして、東洋医学の古典によれば、

「秋は、物事や気持ちにおさまりをつける時。
これまでやってきた方向性や今の自分でよしとして、イライラしないこと。
呼吸や防衛、お肌を司る、五臓の中の『肺』が犯されやすい。
体を冷やさないよう心がけ、
『肺』を養ったり、乾きを潤したりする食べ物を
積極的に取り入れるよう心がけましょう。」


というのが、正しい秋の過ごし方なのでした。
うっすら思い出してきましたか

秋のからだと養生法の回を読む

さて、今回注目するのは、秋の正しい養生法の中にある、

「五臓の中の『肺』」という部分。

秋の養生法について2回めとなる今回は、
この「肺」について少し詳しく見ていきたいと思います。

ちょこっと上級編なので「理屈っぽいお話になるかも?」ですが、
どうぞお付き合いくださいな!

***

これまで、秋の養生法で「肺」、冬の養生法で「腎」、
春の養生法で「肝」、梅雨の養生法で「脾」など、
さまざま臓の名前が出てきましたが、

いつもこんな但し書きが付いていたのにお気づきですか?

「現代医学のいうところの○○とは別物」

「解剖学的な現代医学的でいう○○よりも広い概念です」


これってどういうことでしょう?

実は、この但し書きに、
東洋医学のからだの見方の大きな特徴があらわれているのです!

それは、

物体としての臓器を見るのではなく、からだの機能に注目する

という姿勢。

現代医学では、物体としての臓腑に名前が付けられます。

これに対し、東洋医学の臓腑名は、
さまざまなからだの機能をグループ分けし、
それぞれのグループの総称として付けられるのものなのです。

現代医学の考え方に慣れている私たちから見ると、
なかなかユニークで、新鮮な発想ですよね。

***

さて、話を「肺」に戻しましょう。

東洋医学の言う「肺」とは、
からだのどんな機能を含むのでしょうか?

・呼吸を司る

・鼻、鼻水に関係する


なんていう、現代医学的にも「納得」の機能のほか、

・皮ふ、うぶ毛に関係する

・免疫力と関係する

・「気」の生成と配布に関与する

・上に下に、放散し行き届かせる働きを持つ

・水分代謝の調節に関与する

・外邪の影響を受けやすい

・「憂い」「悲しみ」の感情と関係が深い

・秋と関係が深い

・肺に関係する色は「白」

・肺を傷めるのは「久臥(長く寝たきりになること)」


など、さまざまな働きや関連のあるものが挙げられています。

「なんで?」と思うようなものもありますが、
いろんな例を考えてみると、結構「納得!」なんです、これが。

たとえば、「肺」と「皮ふ、うぶ毛」の関係。

喘息を患ったことのある人や呼吸器の弱い人は、

背中の上の方の部分が少し毛深くなっていませんか?

この部分はちょうど肺と関係の深いツボがあるところ。
呼吸器の弱さを補うために、普通よりもうぶ毛が多くなっているんです。

「肺を傷めるのは『久臥』」というのはどうでしょうか?

寝たきりになってしまったおじいちゃんやおばあちゃん、
最後は肺炎を起こして亡くなることが非常に多いですよね。

これも「なるほどなー」という感じがします。

そして、「肺は外邪の影響を受けやすい」というのはどうでしょう?

外邪というのは、からだの外からくる悪いヤツのこと。
からだに悪影響を与える季節外れの暑さ寒さや
度を越した暑さ寒さのほか、ばい菌、ウィルスなんかも含まれます。

外邪による病気の代表例である風邪。

風邪っぴきのときまっさきに出る症状はといえば、
鼻水、鼻づまり、のどの痛みなど、
あら、どれも「肺」に関係する症状です!

ね、案外「納得!」じゃないですか?

***

さあ、こんな「肺」と関係が深いのが、
これから深まってくるであろう「秋」です。

秋のからだと養生法の回を参考にしつつ、

食欲の秋、スポーツの秋、勉学の秋を元気に満喫してくださいね!

***

東洋医学的な秋のお話第2弾、いかがでしたか?

次回のテーマは、考え中。リクエストも受け付けてま~す。

<追伸>

記事に対する感想や、要望、質問などありましたら、
コメント欄にコメントをお願いします!

◆◇◆

青山 麻美

鍼灸師、国際中医薬膳師、薬膳ライター

コスメ調合室 フルフリフリフラの店長・杉の相棒。
治療&養生アドバイスのトータルケアを提供する
「パーソナル養生トレーナー」

ホームページ:QiQi治療院

ブログ: 薬膳ライター 青山麻美のブログ

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=1855

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。