お手紙ブログ» ブログアーカイブ » お肌は弱酸性?、について

弱酸性の洗顔ソープやクレンジングのTVコマーシャルをよく見かけますね。

お肌は弱酸性、だから弱酸性の洗顔ソープをつかわないと!という事なんですが、

その真偽はさておき、 今回は弱酸性についてお話しますね。

***

お肌は弱酸性。

これって、スキンケア上、すごく大事なことなんです。

ニキビも、乾燥肌も、敏感肌も、アトピーも、結局み~んなこの弱酸性のはなしに関係してきます。



健康な肌のpHをはかると、phは4.5 ~6.5だそうです。
中性がpH7なので、確かに酸性側に傾いていますね。

厳密に言うと、弱酸性なのは、お肌そのものではなく、 肌の上をおおっている、「酸性皮脂膜」という、皮脂の膜です。

「酸性皮脂膜」、というと、なんか皮膚の上に一枚べろんと乗ってるような気がしちゃいますが、イメージで言うと、

油のなじんだフライパン、

みたいなものです。
■史上最強の美容保湿クリーム

さて、この酸性皮脂膜は、スキンケア上、 とっても大事な役目を果たしているのです。
その役目は

1)乾燥を防ぎ、肌にしっとりと健康な輝きを与えます。

2)病原菌から体を守ります。

3)ニキビを防ぎます。

4)肌の老化を防ぎます。

というもので、まさに万能!

「弱酸性美容クリーム」、 として売っても良いくらい。

肌によくなじみ、健康に保ってくれて、しかもタダ!

酸性皮脂膜は、史上最強の美容保湿クリームなのです。

■ 天然の弱酸性クリームを作ってくれる意外な恩人?

酸性皮脂膜の原料は、汗と皮脂です。

でもそれだけでは、 単に乾燥を防ぐだけの役割しか持たず、 皮膚を健康に保ってくれたりなどの 効果は期待できません。 この皮脂+汗を、 お肌に住んでいる ある細菌が加工してくれると、 立派なクリームになります。

その名は、 プロピオニバクテリウム・アクネス。 要するに、アクネ菌。

別名:ニキビ菌!

ニキビでお悩みの方が、 必死に殺そうとするこのニキビ菌。

じつは、あなたのために 最高の美肌クリームを 作ってくれていたのです。

アクネ菌は、 健康で美しいお肌には なくてはならない存在なのです。

大事にしましょう。

※注: 皮脂腺がつまったり、エサの皮脂に異変がおきると、 アクネ菌たちが、ニキビを起こしてしまう事がありますが、 この場合も、悪いのはアクネ菌ではなく、皮膚のほう! この話は長くなるのでまた後日!

■ 天然の弱酸性クリームの作り方

アクネ菌は、皮脂腺の出口周りに つつましく暮らしています。

アクネ菌は酸素が苦手なので、 あまり空気にあたらない ところが大好き。

アクネ菌たちは、 皮脂腺から皮脂がじわりと出てくる過程で、 皮脂に含まれるトリグリセリドという脂質を 酸性の遊離脂肪酸とグリセリンに分解します。

これらの成分に、汗に含まれる水分や保湿成分、 角質層の天然保湿成分が混じると、 天然弱酸性クリームの完成です。 あなたのお肌とアクネ菌が協力して 作りあげたクリームは自然からの贈り物。

洗い流したらもったいない! スキンケアには なるべく、これを活かしたいものですね。

■ 天然の弱酸性クリームのすごいところ

酸性の遊離脂肪酸が、酸性皮脂膜を pH5前後の弱酸性に保ってくれます。

この弱酸性環境が大好きなのが、 表皮ブドウ球菌 という菌たち。

表皮ブドウ球菌は、アクネ菌と違って、空気が大好き。

ですから、お肌の上に散らばって、暮らしています。

彼らも、アクネ菌と同様に、 油脂をグリセリンと遊離脂肪酸に分解します。

有害な病原菌の多くは、アルカリ性を好むため アクネ菌と表皮ブドウ球菌がお肌の表面で

がんばっていると、繁殖する事ができません。

ちなみに、 アトピー性皮膚炎の方の皮膚で、 多く見られるのが黄色ブドウ球菌という化膿菌。

これは、アトピー性皮膚炎の方が、 上手に酸性皮脂膜を作れない、という事が原因です。

アクネ菌や、表皮ブドウ球菌たち。

これらの菌をかわいがる事で、 より美しい皮膚が誕生します。




かわいがるにはどうしたら良いか? それはまた今度!!

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=2041
  1. すみ

    目からうろこ!勉強になりました。これからも楽しみにしています。

    2008 年 11 月 30 日 11:54 AM
  2. 知らなかった

    この話の続きが気になってます。
    教えてくださ~い!

    2008 年 12 月 24 日 3:35 AM
  3. ぴんくま

    とても勉強になります!すぎさんがアトーピーをどうやって治されたのかのお話も、どこかで書いていただけませんか?

    2009 年 10 月 16 日 11:22 AM
  4. すぎ

    アトピー治療は、中医学です。毎週、中医師に通って診断してもらい、漢方の薬を処方され、同時に食事や生活態度の指導を受けました。疲れやすい体質が改善され、2-3年で完治しました。フルフリの化粧水成分の主なものはその時に自分の肌で研究しました。とてもよい実験台になることができてラッキーでした!

    2009 年 10 月 19 日 11:11 AM

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。