お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 年末年始のからだに「みかんの皮」を!

 

こんにちは!
店長・杉の相棒、あおやまです。
 
すっかりご無沙汰しておりましたが、先日、
無事に卒業資格認定試験が終わりました!
(励ましメッセージをくださった皆さん、ありがとうございました!)

次は2月末の国家試験。もうしばらくは「勉強第一」。
小田原みかんのジュースを飲みつつ、がんばってます。



久々の美肌道場、今回は、 年末年始におすすめの食材をご紹介します!
 
  ***
 
日本の冬といえば「おこたとみかん」。




日本で育った人ならば、
「冬」 「だんらん」 「ねこ」 とくれば「こたつ!」を連想し、
「こたつ」 「おやつ」 「かご」 とくれば「みかん!」と答えることでしょう。

かように身近で、あまりにも普通な果物・みかん。
平凡すぎて、おいしいものがいっぱいの近頃は人気が失速しているようです。
 (小田原の放置みかん園にもそんな事情が関係しています。)

でも、おいしいもの三昧のこの時期こそ、みかんに注目!

ちっちゃいなりして、年末年始のからだを助けてくれる力が
いっぱい詰まったスグレモノなのです。

年末年始のからだとみかんにはどんな関係があるのか?
まずは、からだの方から見ていきましょう!

    ***
 
ためこみ&とどこおりモードになりやすい年末年始のからだ

忘年会、年越し、おせち、新年会……、
この時期の食生活は、とにかく飽食。ごちそう三昧。
宴会続きで飲みすぎちゃうことだってあります。

これが、「ためこみ」。

さらに、この時期はのんびりモード。
通勤、通学もなくなり、からだを動かす機会が激減します。
日ごろきちんと運動している人も、
「こんなときくらいは……」とお休みにしたりして。

からだを動かさないでいると、どうなるか?
東洋医学では、「気」「血」のめぐりが悪くなると考えます。

「気」はエネルギーや活力、「血」は血液や栄養のこと。
十分なエネルギー栄養がいきわたらないと、内臓の働きも低下します。

胃腸の元気がなくなると、おなかに入ってきたごちそうを
しっかり消化する力が落ちてきます。
腸の働きが悪くなると、便秘にもなります。

これが、「とどこおり」です。

年末年始のからだは、こうして「ためこみ」、「とどこおって」いくのですね~。
まずいですねぇ。

   ***

みかんの皮の、「ためこみ」「とどこおり」撃退パワー

年末年始のたまってとどこおったからだに喝を入れる、
そのために必要なのがみかん。

そうです、どこにでもある、平凡な、あのありふれた果物です。

そして、ここからが、ちょっとありふれてないお話。
やっと出てきた! 東洋医学なお話です。

喝入れのために用意して欲しいのは、みかんの皮。
漢方や薬膳の世界では、中身よりも皮が大事なんですよ。
おいしいところじゃなくて、捨てちゃうような皮を欲しがるなんて、
なんか変な話だと思うでしょう??

漢方の生薬が、別名「草根木皮」と呼ばれるように、
東洋医学のお薬である漢方薬や栄養学である薬膳では、
素材のあらゆる部分のいいいところを見つけて、
あますところなく上手に利用してきました。

今風に言えば、「東洋医学ってとってもエコ!」なのです。

みかんだって、もちろん例外ではありません。
熟したみかん(普段私たちが食べるやつですね)の皮は、
天日に干して乾燥させ、「陳皮(ちんぴ)」という生薬として使います。

陳皮にはどんな作用があるのか、
資料を紐解いてみると、こんな風に書いてあります。

性 :温
味 :辛、苦
帰経:脾、肺
効能:理気、調中、燥湿、化痰


漢字ばっかり! なんだこりゃ?
ということで、これを日常語に翻訳するとこうなります。

陳皮にはからだを温める力があり、辛く苦いような味があります。
消化吸収をつかさどる「脾」と、
呼吸などをつかさどる「肺」に働きかける力が強く、
気のめぐりをよくし、おなかの調子をととのえ、
からだの中の余分なものを排泄させる力があります。


注目してほしいキーワードがたっぷりですね!
年末年始のからだの状態を思い浮かべつつ見ていくと、

「からだを温める力」→ 冬のからだは冷えがちで!
「『脾』に働きかける力が強く」→ 酷使されてお疲れぎみになってます!
「『気』のめぐりをよくし」→ 動かないので「気」のめぐりが悪くなってます!
「おなかの調子を整え」→ 酷使されてお疲れぎみになってます!
「からだの中の余分なものを排泄させる力」→ まさに「とどこおり解消」!

ね、まさに「欲しかったのはこれなんだ!」っていう感じでしょう?

さらに、陳皮のいいところは、「自分ちで簡単に作れる」ところ。

おいしくみかんをいただいて、その皮を天日干しにするだけだから、
な~んにもややこしいことはありません!
唯一の注意点は、無農薬のみかんを選ぶこと。
しっかり乾燥させてカラカラになったら、自家製陳皮の出来上がりです!



陳皮が完成したら、砕いてお料理にどんどん使いましょう。
使い方や分量に決まりはありませんので、いろいろと試してみてくださいね。
ちなみに、わが家(わが社か?)では、こんな風に使ってますよ。

・お茶や紅茶に浮かべて飲む(食べちゃいます)
・お味噌汁にさっと振りかける
・湯豆腐のお供に
・マリネ液に入れる
・お肉やお魚に下味をつける漬け汁に入れる
・はちみつと合わせてヨーグルトに入れて食べる
・七味とうがらしを使う感覚でいろいろなものにかける
 (実際、七味には陳皮が入っているんですよ)

   ***

ちなみに……
現代の栄養学でも、みかんの皮のさまざまなパワーが発見されています。

たとえば、
みかんの皮の白い部分に含まれる「ヘスペリジン」という成分には、
血管を丈夫にし、アレルギーを抑える作用があるそうです。

そのほかにも、抗酸化作用を持つ「βクリプトキサンチン」、
発ガン抑制作用を持つ「βカロテン」「オーラプテン」など、
いいものがいろいろ入っているようですよ。

平凡そうに見えて案外やり手なのね、みかんったら。
いいものって、身近にありすぎて気がつかないことが多いんですねぇ。

  ***

みかんの皮のすご~い話、いかがでしたか?
お正月の体調管理に役立にたてば幸いです。

次回がいつになるかは未定ですが、リクエストはいつでも大歓迎! 
記事に対する感想や、要望、質問など、すべてコメント欄にお願いします!

それでは、また次回会う日まで、みなさまどうぞお元気で!

◆◇◆

青山 麻美
国際中医薬膳師、薬膳ライター

コスメ調合室 フルフリフリフラの店長・杉の相棒。
治療&養生アドバイスのトータルケアを提供する
「パーソナル養生トレーナー」を目指し、
現在は鍼灸学校で勉強中!

ホームページ:ぶんちく堂 青山麻美のホームページ
ブログ:薬膳ライター 青山麻美のブログ















trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=2072
  1. 梅田 亜希

    みかん
    大好きです。子供達も大好きで、あっという間になくなってしまいます。みかんの皮…捨ててました。

    だけど無農薬みかんを探すのは困難!。

    みかん風呂もいいですね♪

    いつも楽しみにしています。これからも期待しています!

    2008 年 12 月 18 日 9:05 PM
  2. 匿名

    勉強になる事が多くいつも楽しみに読ませていただいています。そこで質問なんですが、最近鼻や頬に大きなにきびができます。思い当たるのは乳製品をよく摂っているなぁという事です。最近夜ご飯などついつい簡単に作れるパスタなどで済ませる事が多くなっていて‥。単に私が摂りすぎたのかもしれませんが、やっぱり乳製品はにきびの原因になるんでしょうか?チーズやヨーグルトは肌に良いとあるものもあって、疑問に思い質問させていただきました。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

    2008 年 12 月 23 日 12:58 AM
  3. 知らなかった

    みかんってすごいんですね。
    意識して食べてみます!

    2008 年 12 月 24 日 3:32 AM
  4. あおやま

    梅田亜希さま

    コメントをいただいていたのに、1週間もたってしまいました・・・。反応が遅くてごめんなさい! 

    みかん、私も子どものころから大好きでした。気に入っていた食べ方は、お風呂に持っていって湯船にしばらくうかべてから食べる方法。こうすると、白い筋がきれいに取れ(当時は白い筋が嫌いだったのです)、しかもほんのりあったかくなっておいしいんです。

    無農薬のみかん、確かにどこでも手に入るというものではないですよねぇ。ちょっと充実した品揃えのスーパーだと、「陳皮(ちんぴ)」が置いてあることもあるようですよ。

    2008 年 12 月 25 日 3:44 PM
  5. あおやま

    「匿名」さま

    にきびと乳製品についてのご質問、ありがとうございます。お返事が遅くなってしまいごめんなさい。

    鼻や頬に大きなにきびができるとのことですが、そのにきびは赤みのある、ちょっと熱を持ったような感じのにきびでしょうか?

    乳製品はどちらかというとこってり系の食べ物ですよね。こってり系のものを食べ過ぎると、からだの中に余分な熱がたまりやすくなってしまいます。

    からだに余分な熱がたまると、その熱を冷まそう、逃がそうと、からだは頑張ります。

    にきびや吹き出物は(特に赤くなったものや、熱感のあるもの)、皮膚から熱を逃がそうとからだが頑張ったあかしです。

    からだやお肌によいとされるものでも、そればっかりをとっていては偏りができてしまいます。東洋医学の基本は、「なにごともホドホドに」。いちど毎日の食事や生活のあり方を見直してみてくださいね。

    2008 年 12 月 25 日 4:12 PM
  6. あおやま

    「知らなかった」さま

    コメント、ありがとうございます!

    今が旬のみかんには、生命力がギュぎゅっと詰まっています。
    また、お肌によいと言われるビタミンCも豊富に含まれています。

    冬のくつろぎタイムのお供にぜひどうぞ!
    (なんだかみかん農家の回し者みたいになってますが・・・)

    2008 年 12 月 25 日 4:18 PM
  7. 匿名

    乳製品について質問をさせていただいた者です。お返事ありがとうございました!脂質を摂りすぎて体に熱がこもっていたんですね。おっしゃる通り普段はあまりできない赤い大きなにきびができています。水が入っているような?透明の小さなプツプツもあるのですが、これもにきびなんでしょうか?
    これを機にもう1度食生活を見直してみようと思います。お忙しいのにありがとうございました。試験頑張って下さいね!

    2008 年 12 月 25 日 9:21 PM
  8. おおしま

    うー、知らなかった・・・皮をもっと有効活用すればよかったです。せっかくあんなにいいみかんが沢山あったのに・・・。結構「ためこみ」体質っぽいフシがあるので、今度みかんゲットしたら試してみます☆
    それでは良い年を。卒業まであと少しがんばれ!

    2008 年 12 月 29 日 11:27 PM

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。