こんにちは!
店長・杉の相棒、薬膳師・鍼灸師のあおやまです。

さて、前回の
東洋医学な美肌道場では、
東洋医学で花粉症を斬る!その2
をお届けしましたが、

「もう一声ないの?」
という店長・杉の要請により、今回は、よもやの「その3」をお届けします。



花粉症対策のための食養生は、どんなことに気をつければいいの? 
というお話です。

  ***



前回は、花粉症の影に隠れていることの多い
「からだのなかの余分な水」対策についてお話ししました。

具体的には、

1に食べすぎ飲みすぎをしないこと、
2に「脾」を健康に保つこと、
3に冷やさない、


というのが基本の三原則でしたね。

でも、

「1と3はともかく、『脾を健康に保つ』って一体どうやるの?」

と思われた方は、店長・杉だけではないでしょう。

コトバ足らずでした、ごめんなさい!

「脾」を健やかに保つための食養生、今回はしっかり具体的にお話します!

五臓の中の「脾」は、
 ・消化吸収
 ・水分代謝

という、2つの働きを担っています。

(名前は同じでも、現代医学でいう「脾臓」とは異なる概念なのでご注意くださいね。)
「脾」の働きが低下してくると、これらの逆を行く状態になります。

つまり、

 ・消化吸収を担う → 消化吸収力が悪くなる
 ・水分代謝を調整する → 水分代謝が悪くなる

という状態になるということです。

より具体的には、こんな↓症状が現れるようになります。

・食事をした後、すぐに眠くなる、だるくなる
・便がゆるめ
・最初は固い便だけど、途中からゆるくなる
・以前よりも皮膚につやがなくなった
・手足がむくみやすい
・お腹がぽちゃぽちゃという
・関節痛がある
・舌の両脇がぎざぎざになっている(歯の跡がついている)


このリストは、「脾」の健やか度合いのチェック表としても使えます。

「私の『脾』はどんな具合なんだろうか?」と思ったら、
当てはまる項目がないか、チェックしてみてくださいね。

チェックした項目の数と、「脾」のお疲れ度合いは比例します。

花粉症の方は、「複数の項目に当てはまる」という方が多いもの。
それだけ「脾」の働きが弱っているといえるでしょう。
チェックがついてしまった方、
今日から「脾」を元気づける食養生を始めましょう!

      ***

「脾」を養う食生活の基本は、「腹八分目」「偏食撃退」

食べすぎ、飲みすぎは、それだけ余分に「脾」を働かせることになるので、
お疲れ気味の「脾」には酷な仕打ち。

そうは言っても、「腹八分目」って「言うは易し・・・」なんですよね~。

あおやまは仕事中におやつが欠かせないオンナなので、
この難しさ、毎日身をもって体験しています。

でも、食べすぎないほうが、結局なんでもおいしくいただけるんですよね。

もう一つの基本である「偏食撃退」というのは、
特定の味のものをとり過ぎないで、ということです。

「脾」は甘味の影響を受けやすいので、甘いものを食べすぎると、
働きが悪くなってしまうのです。

現代の栄養学でも、いろいろな食品を食べましょうと言われますが、
薬膳でも同じように、甘いもの、酸っぱいもの、辛いもの、苦いもの、しょっぱいもの、
この5つの味のものをまんべんなく食べるようにとされています。

そして、
もっと積極的に「脾」を養うために心がけたいのが、
「『脾』を養うとされている食材を積極的に取り入れる」ということ。

「脾」を元気付けてくれる最も身近な食材は、お米。

3食きちんとごはんを食べるのは(もちろん腹八分目にね)、食養生の基本です。
そのほか、おかずとしてこんな↓食材を多めに取り入れるようにしましょう。

脾を養うとされている食材

じゃがいも、さつまいも、やまいも、小豆、えんどう豆、大豆、かぼちゃ、
にんじん、かつお、さば、さんま、すずき、たちうお、なつめ、干しぶどう など

水分代謝を助けるとされている食材

きゅうり、とうがん、はと麦、きのこ類、緑豆、緑豆はるさめ、小豆、そら豆、
セロリ、玉ねぎ、白菜、ねぎ、あさり、しじみ、昆布、のり、わかめ など

     ***

東洋医学的な、「花粉症」のお話おまけ編、いかがでしたか?
少しでも楽な花粉シーズンとなりますように!

次回は、春の養生法についてのお話をお届けする予定です。お楽しみに!

<追伸>

記事に対する感想や、要望、質問などありましたら、
コメント欄にコメントをお願いします!

     ◆◇◆

青山 麻美
鍼灸師、国際中医薬膳師、薬膳ライター

コスメ調合室 フルフリフリフラの店長・杉の相棒。
治療&養生アドバイスのトータルケアを提供する
「パーソナル養生トレーナー」

ホームページ:ぶんちく堂 青山麻美のホームページ
ブログ: 薬膳ライター 青山麻美のブログ

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=3557
  1. えるま

    とても参考になりました~☆

    最近食に気を付け始めていた所だったので、
    この内容も踏まえて頑張ってみようと思います♪

    ありがとうございました(*^_^*)

    2011 年 4 月 6 日 2:39 AM

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。