お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 秋冬に向けての「育肌」

どんぐり夏のように暑い日もありますが、だいぶと秋っぽくなってきましたね。
わが家の近所のドングリの実も大きくなってきました。

昼夜の温度の変動が出てきて秋の気配がでてきたな、というころが敏感肌の多発時期!
夏に無理をした影響もあってか肌トラブルのご相談が多いのです。

今日は、この季節の過ごし方について、ヒントになりそうなことをちょっと書きます。

厳しい冬に向けて肌を育てる「育肌」をしておくことで、冬の乾燥を乗り切れる健康な肌がつくれます。
逆に,この季節のケアに失敗すると、冬になってからしばらく(お正月過ぎくらいまで?)、ひどい乾燥に悩まされるようになる方が多いように感じます。



***

動物が夏毛から冬毛に生え替わるように、人の肌でも夏のゆるんだ柔らかい肌から、冬向けの肌(キュッと目が詰まって体温や水分を逃がさない、ちょっと堅めな守りの表皮)に徐々にチェンジして行ってるのが今の季節。

今の時期はとにかく肌トラブルを起さないようにして、
お肌が夏の肌から冬の肌に生まれ変わるのを邪魔しない事を心がけてください。

できれば、特に問題がなかったら今までお使いの化粧品を大幅に変えたりなどはあまりしないほうがいいですね。
変えるとしたら用心深く。

夏の時期はちょっと位、肌に過酷なスキンケアをしてしまっていても、症状は出にくいものです。肌バリアが隙間だらけになってしまっても、体の代謝がよいし、湿度も高いし、どうにかなってしまいますので、気づかないようです。それが一気に出てくるのが秋の時期。

特に、夏にバンバンやっていた毛穴洗浄系の洗顔料や美白系の商品でのトラブルが多い気がします。

この時期には、肌の体力を温存することが第一です。

夏っぽいからだを冷やす食生活や服装などは早めに切り上げ、秋らしい生活に切り替えることです。
夏の間はシャワーばかりだった人も、お風呂につかるようにしてくださいね。

昼夜の温度の変動が出てきて秋っぽくなってきた時が要注意!

お肌が気候の変動についていけずに乾燥がちになってきたときは、オイル成分や保湿成分を増強することで乗り切ってくださいね。

(ヒント:皮脂の分泌が少なくなったと感じられるようなときはオイル成分を足して補ってください。
皮脂分泌が変わらないのに乾燥しているように感じられる場合は、保湿成分が足りていません。
中からの潤いを増やすと同時に、保湿成分を増強してください。)

ただし、「秋が来ましたよ、冬の準備をしてくださいね」と、肌細胞に季節を教えてあげるために、完璧保湿するよりもちょっともの足りないくらいの保湿感で、季節感を与えるのもいいと思いますよ。

ここのバランス感覚がとっても難しいですが、お肌の声を良く聞いてあげて、お肌と相談しながらケアしてあげてくださいね。
お肌はペットや子供と同じで、甘やかし過ぎず、厳し過ぎず、愛情を持って、が大事なようです。

季節の変わり目の今のケア、はとても大事です。
今の季節をトラブルなしで乗り切れば、冬の乾燥も案外と大丈夫です。

また、秋に入り皮脂の分泌が落ちてきているときに、夏と同じようなさっぱり洗顔を続けていると、不必要に皮脂や天然保湿成分が失われて、がさがさになる方もいらっしゃいますのでご注意くださいね。




とりとめもなく、気づいたこと思い出したことをつらつら書いてしまいましたので、秋に必要なケアをまとめますと。。。

1) 早めの冷え対策
・夏の服装は早めにやめる(ヒント:体の関節部の露出を避けると、暑さを感じなく冷えを防げます。ひざ、足首、足の指。ひじ・手首、首など)
・夏の食生活(体を冷やす飲食物)も早めにやめる。 夏やさいや冷たい食べ物、ドリンクはそろそろおしまいにしてくださいね。
・シャワーではなくぬるめなお風呂に入る。自律神経のバランスが整う効果も。

2) 守りのスキンケア
・保湿を増強。ただしやり過ぎなくいように。保湿成分か油脂のどちらが足りていないか早めに見極める。
・化粧品を変える時は注意深く。夏の誤ったスキンケアのツケが出てくる可能性があるので要注意。あまり変わったことはしないほうがよいです。
・洗顔は控えめに。




上記の文章は、お客さまの相談メールに対するお返事がもとになっています。

どなたにも当てはまる内容ですので、すこし加筆してこちらにも転載しました。
万が一、敏感肌症状が出てしまった場合は、対処方法がありますので、ご相談ください。

お問い合わせ

敏感肌ケアには下記のような製品がおすすめですが、症状がひどい方は、自己診断されずに、念のため一応お問い合わせいただくことをお勧めします。別な商品や他社の商品をお勧めする場合もありますので。




敏感肌の方にオススメの商品たち




注: ガラケーの方はこちらからどうぞ
敏感肌さんお買い物リスト


★やさしい洗顔に:


敏感肌ケアの第一歩は、やさしい洗顔から!
(注:症状によっては石鹸も使わないことをお勧めします。心配な方はご相談ください。)


ピュアポタッシュ スキンケアソープ 肌の善玉菌たちにも優しい石鹸。肌質にあわせて3種類。

ガスール(固形/粉末) 天然泥パックでやさしい洗顔。週に1,2回が目安です。

天然海綿スポンジ 敏感肌の方特有の細かい皮むけを、優しくきれいにとってくれます。

ミネラルファンデーション MMU PROJ. 石鹸洗顔のみの肌に優しいシンプルケアを実現します。

★抗炎症成分で保湿ケア:

肌細胞が過剰反応しやすくなってる場合に有効。おすすめはカモミール・甘草など抗炎症成分をたっぷり含有した植物成分です。

お試し☆ わのか 敏感肌化粧水キット
敏感肌用成分が結集した調合です。
2週間分のお試しキットでいろいろついててかなりお得なので、初めての方はこちらをどうぞ!

手作り化粧水・上級者さんには

/ハーブウォーター
ジャーマンカモミール水

わのか

/和漢植物エキス
植物エキスF:韓流7種エキス ←敏感肌にはとりあえず、これ!
植物エキスE:甘草芍薬エキス ←こっちのほうが合う方も。
植物エキス:ヒメフウロVCE ← 美白しながら敏感肌ケアができる、というユニークな働きをするエキスです。

★バリア修復成分の使用:

お肌の表面で薄い保湿膜を張ってくれたり、角質層の奥に浸透して、肌細胞が肌バリアを修復するのをサポートしてくれます。

フルフリペアゆず

バリアに穴が開いたところを探し出して補修し、補強してくれる接着剤の様な役目を果たします。

/保湿成分

『さっぱり~超しっとりヒアルロン』

お肌に足りない保湿成分を補ってくれるのが、これらの保湿液たちです。

『美肌オイル、美容液』

皮脂の分泌が少ない方には必須。お肌に足りない皮脂成分を補ってくれるオイル成分。

以上が、敏感肌さんにお勧めのお買い物リストです。
ご参考までにどうぞ。

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=3679

トラックバック

  1. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 秋冬の肌は残暑の過ごし方次第
  2. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 夏のおすすめスキンケア
  3. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 夏のおすすめスキンケア

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。