お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 日焼け止めなんかいらない(こともある)

日焼け止めを売っておいてなんですが、真夏は、アウトドア活動以外では、そんなに一生懸命つけなくても大丈夫。

「今日は日焼け止め塗りたくないなぁ…でも日差しがなぁ…どうしよう??」

こんな時は、どうしましょう。

特に真夏は、べたつきますしねー

↓ ↓ ↓ ↓



★夏はUV(紫外線)に意外にあたらない!

 

太陽が一番日本に近づき日照がおおいのは6月の夏至。

それ以降、だんだん日照は少なくなってきているのです。

夏は暑くて天気が良い日が多いので、太陽の存在感がおおきいのですが、実は太陽光線自体は若干少ないのです。

また、

夏は無意識に、太陽を避ける行動をとります。

カンカン照りの日は外出を控えたり、もし出来るならば、夜間や夕方、朝に行動したりしますよね?

さらに、外出するとしても、歩くのを避けて乗り物で移動したり、歩くとしても、暑いので炎天下でなく、地下道や日陰をよって歩いたり、サングラスや日がさ、帽子をつかったり。

外で休むときも、ほぼ確実に日陰や屋内で休みます。

しかも外出しないときも、昼でもすだれを使ったり、カーテンを閉めたり、庭やベランダに出るのは避けたりなど無意識に、太陽を避ける行動をとるのがこの季節。

細かい積み重ねで、知らないうちにUVケアをしているのです!

夏なんかよりも断然危険なのは、実は4月~5月。湿気が少なく、晴れの日が多くUVが年間最大量になります。

気温も涼しいので、太陽が気持ちの良い季節。外を歩くのが、最高に気持ちいいですよね♪

この時期に知らないうちに紫外線に当たってしまうのです!!

(ただし子供の場合は、夏は遊びの季節なので、夏に紫外線に当たる量がふえます。大人とは違いますね! 夏は子どもみたいに遊ぶ、大人のかたもいらっしゃるかも知れませんがw)

とは言うものの、

日焼け止めは、やっぱり便利なアイテムではあります。つばの広い帽子や日傘なんか使いたくないときだってありますし、また、公園や海や山など開けた場所では、遮るものがなく、反射も多いので帽子をかぶっていても紫外線は完全には防げません。

そんなときにこそ、日焼け止めをお使いくださいね。

オススメの日焼け止め★

DSC_1481海で日焼け止め。

森で日焼け止め。

成分・質感とも、フルフリのこだわりをかたちにした、オリジナルのノンケミカル日焼け止め。
ミネラルファンデーションの下地にも。

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=4074

トラックバック

  1. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 敏感肌さんへ:日焼け止めとの賢いつきあい方
  2. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 夏のおすすめスキンケア
  3. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 敏感肌さんへ:日焼け止めとの賢いつきあい方
  4. お手紙ブログ» ブログアーカイブ » 夏のおすすめスキンケア

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。