お手紙ブログ» ブログアーカイブ » ビタミン誘導体は刺激がある?肌を乾燥させる?

ビタミン誘導体はその副作用として、敏感肌への刺激や乾燥が知られていますが、フルフリで採用した、ビタミンC/E誘導体保湿成分は敏感肌でもほとんどしみにくく、お肌を乾燥させないのが特長。 (ただし、肌バリアが極端に弱っている場合にはしみる場合もあります。必ずパッチテストをしてからお使いください。)

なんと保湿成分で有名なグリセリンやBGよりも保湿力があるという、ちょっと変わった機能があるビタミン誘導体なのです。

このビタミンC/E誘導体保湿成分と同量の保湿剤で水分蒸発の速度を測定した結果、それらより強い保湿作用がありました。

見にくいですが、グラフでは左から水、グリセリン、ジプロピレンクリコール、1,3ブチレンクリコール、そして一番右がこのビタミン誘導体です。ただの水が(当たり前ですが)一番蒸発しやすく、その次にグリセリン入りの水、そしてこの中で一番水が蒸発しなかったのがこのビタミン誘導体でした。

また、ビタミンCだけではなくビタミンE誘導体の機能も兼ね備えているため強い抗酸化力が特長。

ビタミンC、Eはそれぞれ単体でも働きますが、一緒にするとよりパワーアップ!

お肌の角質層の奥まで浸透しやすいのもこの調合の特長です。

難しい話になるので、非常にカンタンにたとえ話で説明しますと、、、

ビタミンCは水にとけやすいけど油が嫌い。

ビタミンEは水が嫌いですが油にとけやすい。

この得意分野がちがう二人が組み合わさると最強です。


ビタミン誘導体たちが皮膚の角質層を旅していく道中には、油分があったり水分があったりします。
油があるところは、油の中を泳ぐのが得意なビタミンEが、油が苦手なCをおんぶしてくれます。
水があるところは、水を渡るのが得意なビタミンCが、水が嫌いなEをおんぶして渡ってくれます。
と言うわけで、二人はめでたく角質層を浸透することが出来ました。

めでたしめでたし!

しかも、CとEが一緒にいるとさらに良いことがあります。

これはさらに難しい話になりますが、、、

誘導体が外れて放出されたビタミンEが過酸化脂質などにくっつき消費されてしまうと抗酸化作用はそこで終わりですが、もしそこにビタミンCがいてくれると、この過酸化脂質からラジカルを引き継いだビタミンEを更にリサイクルさせてくれるのです。

ようするに、Eがつかまえた悪いヤツをCが逃がさないように捕まえててくれるから、Eがさらに悪いヤツを捕まえられるよ、と言うような話です。

うーん、これはちょっと乱暴にまとめすぎちゃいましたかね~(笑)
ビタミンC/E誘導体保湿成分はこちらの植物エキスで採用しています。
オーガニックコスメ
緑色のどくだみ緑茶VCE、あめ色のヒメフウロVCE

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=5264

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。