1. 体質改善で花粉症を和らげよう


e9507c9e88af8c91c331bc9fe68a5c05_s


「花粉症で薬を飲んでいるけど、眠くなってしまう・・・」
「薬を飲めば鼻水は止まるけど、体が重だるい・・・」
   
重い花粉症でお悩みの方は、目のかゆみや鼻水・くしゃみの他に、全身症状があることも少なくありません。
眠気や倦怠感によって、集中力も低下し、仕事や家事の効率も下がりますよね。

実はこの花粉症、「体質改善」で緩和が期待できます!




   
花粉症の治療は今のところ、出ている症状を和らげる「対症療法」がメインです。
鼻には点鼻薬や内服薬、目のかゆみには点眼薬、頭痛には鎮痛剤というように、
症状の出ている部位ごとに薬を処方するという治療法です。
しかし、眠気や口の渇きなど副作用も大きいですし、
対症療法では、全身症状の解決はなかなか難しいのが現状です。

鼻の粘膜を焼くレーザー治療や、最近は皮下注射の治療法も新たに登場していますが、
 ・高価な治療を継続しなければならない
   →金銭的負担が大きい
 ・治療を受けるための条件がある
   など、ハードルが高い部分もあります。

この記事では、アレルギーのひとつである花粉症を和らげるための【体質改善】について、東洋医学の観点からご紹介します。

2. 花粉症と「水毒」の関係


117fb30685fdf63b319c39f634263825_s

花粉症でお悩みの方、こんな症状におぼえはありませんか?

・手足が重い、だるい
・からだがだるい
・痰が多い
・お腹がぽちゃぽちゃという
・汗が多い
・鼻水が多い
・関節痛がある

これらの症状は全て、体内の水の巡りが悪いことが原因です。
余分な水が体の中に停滞し、溜まってしまっている状態で、
東洋医学ではこの状態を「水毒」といいます。


アレルギーの症状である「くしゃみや鼻水」は、
「体内に溜まった水分を、無理やり排出しようとして起こる」
というのが、東洋医学からみた花粉症の考え方です。
  
つまり、体内の水分のバランスを整えることで、
花粉症をはじめとする、さまざまなアレルギー症状の緩和が期待できます。
薬のように即効性はありませんが、根本的・長期的にアレルギー症状と戦っていくためにも、
「水毒」の改善を試してみる価値はありそうです。
  

3. 「水毒」3つの原因と対策


luigi-pozzoli-s7FuT9HYoxM-unsplash

「水毒」の原因として考えられることは3つあります。

①水分のとりすぎ
シンプルですが、飲み物や食べ物として取り入れる水が多すぎて、流すのが間に合わなくなっている状態です。
水はがぶ飲みせずに、こまめに適量をとるようにするなどで対策できます。
   
②排水能力の低下
とくに水分を取りすぎていない場合、からだの排水機能が弱まっている可能性が考えられます。
東洋医学的にからだを見ると、からだの排水ポンプにあたるのは、
五臓のうちの「肺」「脾」「腎」で、この中心となるのが「脾」です。
現代医学でいわれる「脾臓」だけでなく、胃や筋肉など、消化機能にかかわる全体を意味します。

「脾」のおもなはたらきは、
 ・消化吸収
 ・水分代謝
 の2つです。

つまり、「脾」のはたらきが悪くなると、
 ・むくみやすくなる
 ・関節痛
 ・食後すぐに眠くなる、だるくなる
 ・皮膚につやがなくなる
 ・便がゆるくなる
   などの症状があらわれます。
   
この「脾」を養生するカギとなるのが、食生活です。
食べ過ぎ・飲み過ぎを避けるのはもちろん、バランスの良い食事が重要です。
具体的には、「脾」は「甘味」の影響をうけやすいので、甘いものの食べ過ぎに注意して、バランスの良い食事を心がけましょう。

お米は特に、「脾」を養うとされています。
  
<脾を養うとされている食材>
じゃがいも、さつまいも、やまいも、小豆、えんどう豆、大豆、
かぼちゃ、にんじん、かつお、さば、さんま、すずき、たちうお、
なつめ、干しブドウ など

<水分代謝を助けるとされている食材>
きゅうり、とうがん、はと麦、きのこ類、緑豆、緑豆はるさめ、
小豆、そら豆、セロリ、玉ねぎ、白菜、ねぎ、あさり、しじみ、
昆布、のり、わかめ など


③冷え
冷えは万病のもと、といいますが、からだが冷えると水の流れも悪くなります。
冷たいものをとりすぎないようにするなど、「温活」を意識することで、免疫力アップにもつながります。
(体温が1度あがると、免疫力が5倍アップするというデータがあります。)
②でお話した「脾」を守るためにも、とくにお腹や腰を冷やさないようにしましょう。
冷えは足元から入ってくるので、長めの靴下をはいたり、ストッキングよりもタイツを履くというのも効果的です。
  

花粉症の方はつらい時期が続きますが、少しでも症状がよくなるように、
以上のことを意識して生活してみてくださいね。

フルフリのコスメ調合室では、美容と健康に役立つ情報をお届けしています。
花粉の時期の肌荒れに関する記事はコチラ

trackback https://www.furu-furi.com/blog/wp-trackback.php?p=7295

コメントをどうぞ

お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。