コスメフルフリ代表の個人ブログ | フルフリ杉の日常ブログ

オーガニックコスメ会社★フルフリ★を作ろう!

シャキシャキポリポリ。
見てると、無性にサラダが食べたくなります。


長野県駒ヶ根市のハーブ畑に出張してきました。



動画に出てくるラベンダーやカモミール、はまなすなどは、フルフリの商品には欠かせない原料です。

コスメフルフリでは、この畑で、ハーブ類のほとんどを買い付けています。

この投稿の続きを読む »

今年は地元の神社の氏子会の当番で、お手紙書いたり、会計を預かったりの仕事をする事に。

6月30日は水無月祓いと言う神事があります。
ちょうど一年が半分過ぎた、ということで、上半期の罪や穢れを紙の人形にうつして、川に流す神事です。

つまり、悪いことは「なかったことにする」…とっても都合の良いお祭りです。

近所の人たちに人形を配って、名前を書いてもらい、神事ののちに川に流します。

お祭りまで、罪に穢れた人形たちを我が家であずからなくてはいけなくて、ちょっとやだなー、と思ったけど、まあ役員だから仕方ない。

僕は、転勤が多いサラリーマンの息子だったので、当事者として地域行事に関わるのは初めての経験。興味深いです。

水無月(みなつき)神事当日。
連日の雨のおかげで、ぼくの上半期の罪と穢れは無事に流れていきました。

「水に流す」、とはまさにこのことだなー、と実感しました。

電車の中で立ち聞きした、小学生とお母さんの会話。

子: お母さん、僕ね、最近ずっと考えてることがあるの。
大人になったら住む家のことを考えているんだ。

母: へー、おもしろい事考えてるねー。どんな家に住みたいの?

子: ぜったいに一軒家がいいと思うんだ。

この投稿の続きを読む »

2年前、古民家を取得して住み着きました。
極力、リフォーム業者さんに頼まないで自分でリノベをしようと決めたものの、はてしない「やることリスト」に、身も心も疲れ果ててきました。
自分が存命中にこの、サグラダファミリア状況を打開するには、人の手を借りないとムリ。
そんな中「出張大工カルロス」という面白い人をネットで見つけました。
あやしげな男なのでちょっと悩みましたが、勇気を出して1ヶ月の約束で我が家に来てもらいました。
その結果がこれ。

で、
以前はこんな感じ。
鉄のベランダが腐食して危険な状況。しかも雨漏りも。
腐った壁には穴が開いていて紙を貼ってました^_^;
カルロス君はDIYのお手伝いしながら全国渡り歩いてるという、あたらしい働き方、暮らし方の若者。TVにも出たことがあるとのことなので、ご存じの方もいるかな?
彼の契約条件は、1か月の契約金のほかに、宿と飯を提供すること、そして任せきりにせずに、できるときはいっしょに工事のお手伝いをすること。
プロの大工さんに任せた方が、もちろんもっといい仕事をしてくれるんでしょうけど、自分たちで作るということが、この家の場合楽しいんじゃないかなと思ったのと、面白い若者は応援したいなという思いから、彼を頼むことにしました。
今回はお料理上手な奥さんも同伴で、彼らの仲間のボランティアの青年たちもやってきてくれて、毎晩たのしくボードゲームしたり酒盛りしたりしました。
今回の工事では、離れの腐食したベランダ、壊れた屋根瓦を撤去して、新たに黒い杉板壁、緑の屋根とひさしを作りました。
施工の記録に、毎日、早回し動画をとってくれたので、いい思い出になりました。
工事二日目
この、危険なぼろ屋が…

最終日には、なんということでしょう!
こんなにきれいになりました!

自分たちで工事すると、当然、プロの仕事とは違って、仕上がりがそれなりだったり、やり直しが多かったり。
でも、完成した時のよろこびはひとしおです^_^

たくさんの梅がとれました。
ぼくは毎年、夏の山で飲む熱中症対策ドリンクを作ります。
アメの「小梅ちゃん」みたいな味で美味しいですよ。
飲むときは水で割ります。
梅サワーのレシピを応用して、砂糖を3割減らした分、その分、塩を増やしました。簡単です。
少し発酵させるとおいしいのであえて、最初、塩や砂糖は少なめにして発酵させ、頃合いを見計らって追加します。
★レシピ
(とっても適当です)
梅 5㎏
砂糖 2㎏ぐらい (後で加えても良い。分量外)
海塩 300gぐらい (後で加えても良い。分量外)
酢 500mlくらい (後で加えても良い。分量外)
つくりかた
1.青梅を洗って一晩水にさらしてアクを抜く。へたは、とりません。とっても意味ないと梅酒やさんに教わりました。
2.梅、しお、砂糖、を順番にビンにいれていき、最後に酢を振りかける。分量は適当でよい。
3.水分が出てくるので、毎日、ビンを傾けて転がしたりして梅たちが濡れるようにする。
4.発酵すると泡が出てきます。そのまま放置でもいいですが、まあ、こんなもんかな?と思ったときに、塩、砂糖、酢を追加して発酵を抑えます。
まずは砂糖を入れてから、塩を加えていくといいです。味の目安は、アメの「小梅ちゃん」。
5.一か月ほどで出来上がり。発酵しているまま放置すると、苦みが出たり、お酒になってしまうので、網でこして冷蔵庫に入れる。特に発酵が見られないようなら、そのまま放置でもOK。
飲むときは水や炭酸で割ります。焼酎をいれても美味しい^_^

近所でマタタビだらけの谷を発見!
マタタビの木は、新緑の季節に真っ白な葉っぱが枝先につくから、すぐに分かる不思議な木。
このマタタビが谷を埋め尽くし、猫にとっては桃源郷、もしくは、ゴールデントライアングル。
クロフスキーに土産でひと枝切って行ったら、「新物は香りが良くていいね」と喜んでかじっています。
猫によっては、ヨダレ垂らしてラリラリになってしまうのもいるんですが、クロフスキーはそこまでではなく、いちにち5分ほど、実や茎をかじったりして、優雅に初夏のマタタビをたしなんでいます。

佐賀出張の合間に、カブトガニ館と言うのがあったので、15分だけ立ち寄りました。

カブトガニは大人になるときに、オスかメスかが決まります。

で、オスは、大人になるとずーっとメスのお尻にしがみついて、一生を終えるんだって。

何年も、いつでもどこでも一緒の海底生活。

自分で歩かなくていいので、ラクそうで良いけど、行き先は常にメスが決めるので、案外つまらないのかもしれない。

オスの甲羅はメスの甲羅にフィットするようにできていて、手も甲羅につかまりやすいようにできてるんだって。

オスに捕まると、メスは絶対に振り落とせない。ずーっと一緒[#IMAGE|S153#]

究極のヒモ男です。

いろいろ考えさせられます。

     ***

翌日は、九州が誇る2大?エンタメスポット、長崎の「超能力喫茶あんでるせん」博多の「あんみつ姫」に連れて行ってもらいました。

…「あんでるせん」は凄かった、のひとこと[#IMAGE|S149#]


一見、ただの田舎町の小さな喫茶店(内装もメニューも昭和度ハンパない)ですが、マスターの超能力マジックショーがすごい。2ヶ月前の予約で熾烈な電話予約争いを勝ち抜かないと、かぶりつきの席は取れないくらいの人気のお店。
ちなみに、ショウのチャージは特になしで、800円以上注文すればオッケー。…1万くらい払ってもいいような内容と、個人的には感じましたけどね。


10:30集合でショウが始まるまで、午後までえらく待たされました(3ー4時間くらいだったかな? あまりに長くて時間の感覚がなくなってしまいました^^)が、それは事前に聞いてましたので、PCをもちこんでました。仕事が大変はかどりました。

もーーーーのすごく待って、ついにマスター登場。一見普通のおじさまです。
お客さんの指輪を隠して、驚くようなところから出てきたり、トランプの数字を当ててみたり、お札を空中に浮かしてみたり、とここまでは想定内のマジック(いや、これだけでもすごいんだけど)。


すごかったのは、お客さんがその場で書いた絵を事前に今朝、予測してました、と模写していたり、お客さんの名前、生年月日、付き合っている彼氏の名前(漢字も!)まで当ててみせたり。

お客さんに貸してもらった千円札を、生卵の中に一瞬のうちに入れちゃうのとかもすごかった。割ると、卵でべちょべちょの千円札が出てくる(お札は後程、洗って乾かして、マスターのサイン付きで返してもらえます。)。
こういう感じで、3時間ぶっ通しで超能力ショウがつづきます。
まあ、タネはあるんだろうと思いつつも、マスターが宇宙とつながってるという話を本当に信じ込みそうになりました。

「あんみつ姫」はおかまショーと聞いていたので、東京の新宿2丁目っぽいものをイメージしていましたが、意外に健全な内容(下ネタ満載ではありましたが)。1時間フルに楽しめましたよ。忙しすぎて写真撮り忘れた。
ショウが終わった後は、天神の餃子屋さんでビール飲みながら、余韻に浸りました。
おすすめです。(こちらの詳細は後日にでも)

何年か前に近所の方からいただいたアンティークの机。緑の椅子がセット。
以前は植物学者の持ち物だったらしい。

天板のニスがはげかかり、無数の輪染みがあります。このままでもまぁいいかと思ってましたが、このたび一念発起してきれいにすることに。
まずは、荒いサンドペーパーで古いニスを剥がします。
右が、ニスをはがしたあと。
それから細かいサンドペーパーをかけてから、オイルステインを塗り、仕上げはオレンジオイルをつけた布で磨きあげます。
あっという間に、こんなにきれいになりました。
すべすべツヤツヤで気持ちいい!
もっと早くやっとけばよかった。
きれいにした机を置くと書斎が完成。
この部屋は、沢に面していて、しかも壁にすきまが開いているので、今の時期にはちょっと涼し過ぎ。
初夏から夏にかけて快適な書斎になるのではないかなと思います。

たまには山を降り、キラキラしに東京へ。
銀座でランチを約束していた海外のお客さんが、現代アート好きとの事なので、ちょっと早めに待ち合わせて銀座エルメスのギャラリーで開催中のピアノの演奏インスタレーションにご案内。超オススメですが明日が最終日。


午後は、東京モード学園とコラボした知人の新作コスメブランドの発表会に呼ばれ、新宿西口のミノムシみたいなビル50階で学生さんによるメイク体験。

自分でも試してみない事には、お客様に商品説明できませんからね。
リップ以外はもちろんすっぴん。口元だけでずいぶん雰囲気が変わるもんですね^^;
、、、久し振りに、いかにもコスメ会社の社長ぽいことをしてしまいました。

今日からは地道にいつもの山の生活。
ホームページ更新しつつ、ストーブの薪や、ヤギの餌のおからをもらいに行ったり、ふきのとう集めたり。ニワトリに虫がついたのでお風呂にいれる。ヤマメ釣りの解禁日も近い。


お支払方法
  • ❶ クレジットカード
  • ❷ コンビニ決済(前払い/手数料300円)
  • ❸ 代金引換 (商品受領時に支払/手数料280円)
  • ❹ 銀行振り込み(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)
配送・送料

8,000円以上のご購入で送料/手数料オマケ

❶ クロネコヤマトの宅急便
全国一律:500
❷ クロネコヤマトのネコポス
全国一律:300
厚さが25mm以下の商品(植物エキス、保湿成分、シルククリ スタル小、サンプルor詰め替え用ファンデ&シルクパウダー)のみをご利用の場合、お得なネコポス便料金(送料300円)が自動適用になります。
手渡しではないポスト投函のため、代金引換や日時指定はご利用になれません。