19 Nov 2020

ラッコ生姜

ご近所さんと物々交換で、畑で作ったショウガをもらいました。

完全無農薬栽培なんだそうです!

よく見ると、オジサンみたいな顔。ラッコに似ている

0B990FFE-7DA1-4869-839E-6986BB5B7F7E

まな板の上で、どうか助けてください、と懇願されましたが、ショウガご飯にして、美味しくいただきました笑

3A6903F8-A7A5-4C4A-BBD8-FDD482F7381B

06 Nov 2020

ハロウィンの終わったあと。かぼちゃの運命

ハロウインが終わったあとのかぼちゃ。皆さんどうしてます?

パイを作るのがいいのですが、玄関にしばらくおいてあったものを食べるのもなんだか。

89C49BD7-F510-43BD-98BD-215D3AD87869
かぼちゃどうするの??


 

ヤギのハムちゃんにあげてみることにしました。



この投稿をInstagramで見る

ハロウィンの後 カボチャの運命は?! #ハロウィン終わった #やぎのいる暮らし

オーガニックコスメ フルフリ(@cosme_furufuri)がシェアした投稿 –



10月中は、あんなにもてはやされたかぼちゃも、祭りのあとではヤギのエサに。
諸行無常ですね。

29 Sep 2020

猫じゃらしを食べてみた

秋になり、庭が猫じゃらしの草原になりましたADABF90F-E89D-4E54-94EB-985CB66B94FF
猫じゃらしは、粟(アワ)の原種なので食べられるという話を聞きました。
お粥にしたり、炒ってポップコーンみたいにして、そのまま食べたり玄米茶みたいに飲んだりできるそうです。

茶色くなって来たので、収穫して食べてみることに。

FD672811-C0D0-4F8E-B324-350F3DA7F753
種はすぐに取れます。
フライパンでから煎りしてみます。

ヒゲが食感悪そうですが、から煎りするときに焦げてなくなるので、大丈夫。
ふっと吹くと焦げたヒゲが飛んでいきます。

 

5D453B0A-58E3-47E0-97FF-C60BE6A7DE2A

ごまのように、ピチピチはぜます。
香ばしいかおり。

 

A6D8AE71-F00B-4616-9BDF-7382D55F8CE4

食べてみますと、、、

うん。意外とうまい!

そうですねー、お茶漬けのもとに入ってる、小さなあられ。
見た目も味もそっくりですね。

食べ物に困ったら、猫じゃらしを食べるのはアリですね。

もちろん、猫と遊ぶのにも最適

猫ちゃんは、葉っぱの方を喜んで食べます。

28 Jun 2020

しあわせきのこ

まいにち雨ふり。
とうとう、きのこが生えてきた。
quinoo
街に出て遠くからうちの集落を見ると、いつ見ても雲の中。
キノコ栽培には最適でしょう。

しあわせきのこ、と名付けたよ。これが生えてきたら幸せが訪れる。
根拠はないけど、そういうことにしといた笑

それにしても、この長雨、振り始めると激しいし期間も長い。
ここ何年か毎年こんな感じ。

世界的な気候変動の一環なのかな。

以前から、気象学者たちが言ってきたこと、ようやく身にしみてわかってきた感じ。

しあわせきのこよ。
もう、手遅れなのかな?
112915235_3228373307230585_5834376693131282309_n

29 Apr 2020

たんぽぽ蜜レシピ

庭にたんぽぽがたくさん咲くので、「たんぽぽ蜜」を作ってみました。味も見た目もハチミツそっくり。かんたんで楽しいので、暇な人はやってみてください。

材料
たんぽぽの花120輪
水300ml
レモン汁1個分
砂糖250g

まずは、クロネコと一緒に、たんぽぽを摘みます。

810E6103-D7AD-4C50-8853-CBA2D8DE823D

数えたら、たんぽぽは120輪でした31E94485-7F71-4202-9F99-F065D605E926

たんぽぽの花をレモン汁を入れた水で10分ほど煮出し、翌朝、花を濾します。320BBF76-DA53-45A2-877D-217F525A5DBF

煮汁に砂糖を入れて煮詰めて、ハチミツぐらいの粘度になったら完成。

瓶詰めにすると長持ちします。 B06CA16A-760E-4BB9-9110-89C82CBFE304

コロナ禍で、自社製品の化粧水に使うミカンの花を高知に摘みに行く旅がキャンセルになったので、その代わりになりました。

 

19 Apr 2020

ネコがいっぱいイスタンブール

今年の1月。トルコ経由のフライトでモロッコへ、アルガンオイルの仕入の旅に行きました。

せっかくの機会なので、飛行機会社に電話してイスタンブールに5日間ストップオーバーする旅程に変更してもらいました。
お正月休み返上で働き詰めだったので、久しぶりに羽を伸ばしました。
コロナウイルスが世界を蔓延する直前に行けて、ラッキーでした。

それにしてもネコが多いのでびっくり。
人の数よりも多いくらいなんじゃないかとおもうくらい。

ボスポラス海峡でふざける猫たち

IMG_7032(Edited) (編集済み)
僕が泊まっていた港に近い一角ネコ天国。
10メートル歩くと1匹の割合でネコがいました。
本屋はだいたいネコ天国。店の人も客も全然気にしてない風。
ファン・パムクやシャファクなどが並ぶ純文学コーナーで、読書の合間に昼寝する猫。
IMG_7082

街のみんなが餌をあげてかわいがるのでどんどん増えていくようです。

野鳥を餌付けするような感じで、玄関に餌箱を置いてある家が三軒に一軒はありましたね。

「日本では、飼い主がいない猫は、捕まえられて殺されたり手術されるんだよ」と
現地の人に言ったら、
「そんなことしたら、そのうち街からネコがいなくなっちゃうじゃないか!
街がさみしくなってしまう。 猫なんて何も悪いことしないから別にいたっていいじゃない?!」
と、びっくりされました。
来世、何かの因果でネコに生まれ変わったら、イスタンブールを目指すべし。

13 Mar 2020

駅の雑踏で足がぶつかったといって、杖をついたおじいちゃんをつき飛ばす、ひどい若者

新宿駅の雑踏の中、杖をついて歩くおじいさんがいました。

そのおじいさんの杖に、若者の足が引っかかった。
怒った若者は、舌打ちをして、おじいさんを突き飛ばし、スタスタ歩いて行く。

なんて奴だ!

おじいさんはよろけつつも杖を拾って若者を追いかけようとした。

勇敢な爺さん!

でも、これは無益な戦いだ。
それを制止しようとして、とっさに僕の口からでた言葉は、

「大丈夫ですか?!」


おじいさんは我に帰り「大丈夫です」と答えた。

「変なやつが多いから気をつけてくださいね」と僕は言った。おじいさんは、和やかな顔になり、ありがとうと言って去って行った。
やれやれ。若者がおじいさんの杖でボコボコにされるのを救ってやれて良かったよ笑

怒った人を制止する時は、やめろ、と言うよりも、心配してあげる方が効くと思う。我ながら良い対応だった。